ベトナム株:最低取引単位に満たない端株の売却方法

ベトナム株投資を長くしていると株式配当や有償増資などで半端な数の株式(端株)が発生します。

これは例えば、A社の株式を1000株持っていたとして株式配当などによって保有株数が1015株になった時にA社の最低売買単位が100株だとすると1000株までは市場で売却できますが、残りの15株は市場で売却できません。

私が使用しているジャパン証券(JSI)でも同様で最低売買単位に満たない株数を注文しようとすると下図のようなエラーとなります。

ジャパン証券-オンライン取引エラー

この最低取引単位に満たない端株をどうやって売却するかというと相対取引で売却することになります。

因みにジャパン証券の場合は担当者に売却したい株式を伝えて他の証券会社に買取依頼を出すことになります。

ベトナム現地の証券会社を使っている場合はこのようなケースがあるわけですが、日本の証券会社を使ってベトナム株を売買している場合は有償増資には申込できないので、有償増資によって端株が発生することはないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ