積立NISAと現行NISAの違い及び併用や移行について調べてみた

非課税期間が20年と長期になる新たな非課税口座「つみたてNISA」が2018年から開始されます。

つみたてNISAのイメージ

つみたてNISAの投資イメージ(日本証券業協会HPより)

それに伴って既に利用している現行のNISA口座からの移行や併用についてどうなるのかといった疑問が出てきたので、ここで整理しておきたいと思います。

つみたてNISAと現行NISAの違い

そもそも、これまでのNISAと「つみたてNISA」の違いを把握してもらうために、NISA口座間の違いを表にまとめました。

つみたてNISA 一般NISA
対象者 20歳以上 20歳以上
金融機関の変更可否 可能 可能
1年間当たりの非課税投資枠 40万円 120万円
最大非課税期間 20年 5年
ロールオーバー可否 不可 可能
投資商品 一部投資信託とETF 個別銘柄、ETF、投資信託

表を見てもらうと分かるように主な違いは以下の5点です。

  1. 非課税対象となる投資金額の上限が異なる
  2. 非課税期間が異なる
  3. ロールオーバーの可否
  4. 投資できる商品に差異がある
  5. つみたてNISAでは、毎月決まった金額の買い付けとなる。

併用や移行について

積立NISAと現行NISAの違いを把握した上で、気になるのがこれらは併用できるのか?ということです。

結論としては、併用はできません。

2018年からは1年毎に積立NISA口座かこれまでと同じNISA口座のどちらを利用するか選択する事になります。

また、これまでNISA口座で運用していた金融商品を積立NISA口座に移行することも出来ません。

また、特定口座で買い付けた投資信託やETF等も積立NISAに移行することは出来ませんので注意してください。

ここである疑問が出てきます。

それは現在NISA口座を利用していて、2018年からは積立NISAを利用する場合、これまでNISA口座で運用していた金融商品はどうなるのか?という疑問です。

答えとしては、この場合そのまま現行のNISA口座で最大5年間管理出来ます。

例えば2017年にNISA口座で買い付けた投資信託などは、2021年までNISA口座で管理されます。

年の途中での口座変更について

積立NISAから一般のNISAへの変更、又は一般のNISAから積立NISAへの変更は、1年に一回しか出来ません。

また、1月から12月の年の途中において、どちらかの口座で取引があった時点で、その年は売買履歴がある口座でしか取引は出来ません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする