フェラーリワールドで世界最速ジェットコースターを体験

先週5日間の日程で中東UAE(アラブ首長国連邦)のドバイとアブダビに観光して来ました。

ドバイとアブダビに行くのは約1年半ぶり。

今回の旅行の目的の1つが昨年10月末にオープンしたフェラーリ・ワールド・アブダビへ行って、世界最高速のジェットコースターに乗るといいうことでした。

成田からドバイ国際空港に約11時間かけてエミレーツ航空で飛び、ホテルにチェックインした後、タクシーを拾ってアブダビのヤスアイランド(ヤス島)まで行きました。

ドバイからアブダビへはバスかタクシーで移動

ドバイからアブダビへはバスを使うと安く行けますが、バスに乗ってアブダビに行って、更にそこからタクシーを拾ってヤス島まで行く必要があります。

現地に不慣れな自分はタクシーで行ってしまった方が楽ということでタクシーを選択。

シェイクザイードロードをひたすら時速120kmで飛ばして1時間ちょうどぐらいででフェラーリ・ワールド・アブダビへと着きました。(渋滞に引っかからないとこれぐらいで行けました)

ドバイからアブダビへのタクシー代金は約200ディルハム(約4000円)。100kmちょっとが4000円なんて日本では考えられない安さですね。

フェラーリ・ワールド・アブダビの入り口や内部の写真

こちらが↓がフェラーリ・ワールド・アブダビの入り口となっています。帰りはここでタクシーを拾えます。

フェラーリ・ワールド・アブダビの入り口

フェラーリワールドアブダビ内の様子。平日夜ということもあって人は少なかったかな。

フェラーリ・ワールド・アブダビ内の様子

フェラーリ・ワールド・アブダビの入場チケット購入方法と入場料

因みにフェラーリ・ワールド・アブダビのチケットはその場でももちろん買えますが、事前にフェラーリ・ワールド・アブダビのホームページでも購入することも可能です。

事前に買ったからといってブルジュ・カリファ展望台のように安くなるわけではないのですが、現地でお金を使う手間省いたり、チケットの購入でトラブルを防ぐには事前購入はいいかもしれません。

フェラーリワールドEチケット購入後

フェラーリワールドEチケット

プリントアウトした紙を当日持っていけば中に入れます。

チケットの種類としては一般チケットとプレミアムチケットがあり、一般チケットの入場料が225ディルハム(約4800円)、プレミアムチケットが495ディルハム(約1万円)となっています。

一般チケットとプレミアムチケットの違いはプレミアムチケットの場合ほぼ全てのアトラクションで並ばずに乗る権利が付いているのと、プレミアムラウンジで飲食することができます。(別途飲食代は不要)

世界最速ジェットコースター「フォーミュラ・ロッサ」

私自身はプレミアムチケットを事前に購入してフェラーリ・ワールド・アブダビへとのり込みました。

まず最初は一番の目玉である世界一速いジェットコースター「フォーミュラ・ロッサ」へ。

フェラーリ・ワールドには金曜日の夜7時くらいからいったのですが、「フォーミュラ・ロッサ」は既に行列。

プレミアムチケットでなければ、1時間以上は並ぶことになったと思います。

因みに「フォーミュラ・ロッサ」はこんな形↓

フェラーリ・ワールド・アブダビ-フォーミュラーロッサ車体

フェラーリ・ワールド・アブダビ-フォーミュラーロッサの行列

通常のジェットコースターのように一旦レールを登ってから落下するというような物ではなく、2万800馬力のカタパルトで一気に加速しスタートからたった5秒で時速240kmに達し、そのままF1サーキットを模したカーブを駆け抜けていくという化物ジェットコースターで、カーブでは最大5G(体重の5倍)もの力が体の上下左右からかかります。

5Gと言えば、F1ドライバーがコーナーなどで体感するレベルと同じ!

強烈なGが次から次に襲ってきます。

カーブが一旦終わって、直線部分になるとまたスタート時と同じようにカタパルトで加速するので直線でも体が後ろにもっていかれるようなGを体感できます。

乗車時間としては大体2分といったところでしょうか。

ジェットコースター好きにはきっとたまらない乗り物だと思いますが、自分の場合は恐怖体験でした^^;

実際このジェットコースターを体験した後に↓の動画でアロンソ・マッサというF1トップドライバーが余裕しゃくしゃくでのっている様子をみると、改めてF1ドライバーってスゴいと実感した次第です。

因みにスタートしてから最高速に達するぐらいのところにはカメラが設置されていて、後で恐怖体験をしている瞬間の写真を買うことができます。

正確な値段は忘れてしまいましたが、数十ディルハム(数百円)程度だったと思います。

私も記念に購入したのですが、、こんな形になっています。↓

写真が収まってる表示

実際の写真とF1が走っている模様が合成されてカッコいいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする