ドバイ観光 世界一高い建築物 ブルジュ・ハリファ(旧ブルジュ・ドバイ)展望台に登ってきました

11月上旬に中東UAE・ドバイへ行った際、どうしても行きたかったところの1つがブルジュ・ハリファ展望台。

1年9ヶ月前の2010年2月に行った際は電気系トラブルによってエレベーターが止まっており、滞在期間中に復旧しなかったことから残念ながら登ることが出来きませんでした。

ブルジュ・ハリファは元々ブルジュ・ドバイという名前で建築が発表され・工事が進められていた世界一の高い高層ビルで全高828.0 m、160階建てとなっている。

2010年1月4日の営業開始を機に、正式名称が「ブルジュ・ドバイ」から、「ブルジュ・ハリファ」に変更となりましたが、これはアラブ首長国連邦第2代大統領で連邦内最大の首長国(エミレーツ)であるアブダビの首長であるハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーンに因んでいるのですが、なぜアブダビ首長のお名前が採用されたかというと2009年11月に発生した俗に言うドバイ・ショックで資金難となったドバイに対してアブダビが資金援助をしたことが主な理由と言われています。

この世界一高いビルはドバイの大手不動産ディベロッパーであるエマール・プロパティーズ(EMAAR)が企画し、韓国のサムスン建設、地元のアラブテック、ベルギーのべシックスが建設しました。※設計はアメリカのエイドリアン・スミス社

写真:ドバイメトロのブルジュ・ハリファ/ドバイモール駅からブルジュ・ハリファへ行く途中にあるエマール・プロパティーズの本社

展望台の帰り道にはこのビルの建築に関わったキーパーソン達の写真がずらりと並べられています。

さて、展望台に話を戻すと展望台自体は124階にあって、そこまでは世界最速(秒速18 m)の超高速エレベータで行きます。

写真:チケット購入後のエレベータまでの通路とエレベータ前

ブルジュ・ハリファ展望台のチケットは事前購入しておこう

展望台に登るのは無料ではなく、チケットを購入する必要があります。

チケットは事前予約と当日券があり、当日券はなんと事前予約チケットの4倍もします!

従って、展望台に行きたい方は事前にチケットを購入しましょう。

チケットのお値段ですが、13歳以上の場合ですと事前予約チケットが100ディルハム(約2000円)で当日券が400ディルハム(約8000円)となっています。※1ディルハム=約20円として

その他子供料金がありますが、↓に掲載したチケット購入サイトで最新のお値段はご確認ください。

事前予約チケットは展望台に登る日にちと時間帯を指定して購入するため、好きな時間帯に登ることはできません。

時間帯は曜日などによって異なりますが、午前10時~午後9時ぐらいまでとなっています。

事前予約チケットの購入はウェブサイトから出来ます。

ブルジュ・ハリファ チケット購入サイト

今回私の場合渡航の数日前でも余裕で購入できるだろうと思っていたのですが、全ての時間帯でSOLD OUT(売り切れ)となってしまっていましたので、泣く泣く当日券を購入しましたので、行かれる方は余裕を持って購入された方がいいと思います。

実際エレベータに乗り込むと、そこからは流石ドバイと思える演出。

音楽とエレベータに仕掛けられたアニメーションがなんとも美しく・カッコいい

展望台からはここ10年ほどで一変したドバイの風景が楽しめますし、夜になると幻想的な世界一の噴水ショーが見られるドバイ・ファウンテンの噴水装置なんかも見れます。

展望台には日本の展望台のように望遠鏡もあって、入場チケットを買った場所で購入することで使うことができます。

この望遠鏡では現在の風景はもちろんのこと、数十年前や夜の風景なんかも見られます。

展望台からの景色(クリックすると拡大されます)

夜のブルジュ・ハリファ・ドバイ・モール周辺は世界一の噴水ショー(ドバイ・ファウンテン)を観る観光客で一杯(クリックすると拡大されます)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコルの舞台「ドバイ」、そこには世界中から人が集まっていた | ベトナム株・BRICsプラス11投資情報 より:

    […] 関連記事:世界一高い建築物 中東ドバイの”ブルジュ・ハリファ”(旧ブルジュ・ドバイ)展望台に登ってきました(写真あり) […]

  2. ベトナム株・BRICsプラス11投資情報 » ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコルの舞台「ドバイ」、そこには世界中から人が集まっていた より:

    […] 関連記事:世界一高い建築物 中東ドバイの”ブルジュ・ハリファ”(旧ブルジュ・ドバイ)展望台に登ってきました(写真あり) […]