ユナイテッドワールド証券からエイト証券

外国株式

ユナイテッドワールド証券が身売りで社名をエイト証券に変更も事実上廃業状態

久々に中国株専業のオンライン証券会社「ユナイテッドワールド証券」のホームページにアクセスしたところ社名を「エイト証券」という名に変更してビックリ! 更にHPの会社情報を見ると役員も変わっており、株主構成も変わっていてユナイテッドワールド証券創業者の林和人氏の名が無くなっています。

8SL HOLDING LIMITEDが買収

ユナイテッドワールド証券を買収したのは、8SL HOLDING LIMITEDという会社です。

全株式の97%を保有しています。

この8SL HOLDING LIMITEDは、どうやら香港の会社でネット上の情報によるとE*TRADEの国際部門で金融サービスを提供していたチームが独立して香港に設立した会社のようです。

傘下には証券会社「8securities」があります。

私は知らなかったのですが、一昨年末には既にユナイテッドワールド証券は8SL HOLDING LIMITED傘下になっています。

ユナイテッドワールド証券を創業した林和人氏はOne Tap BUYを創業

ユナイテッドワールド証券を創業した林和人氏は、現在スマホで米国株や日本株を取引できるOne Tap BUYを創業し、サービスの提供を行っています。

ユナイテッドワールド証券に続いて、金融サービスで勝負をしていくようです。

更に野村アセットが買収もエイト証券は事実上の廃業で終了

8SL HOLDING LIMITEDという会社に買収された旧ユナイテッドワールド証券のエイト証券ですが、その後の行政処分などの影響もあってか、2018年には日本の野村アセットに買収されています。

この当時、エイト証券はウェルスナビTHEOに代表されるロボアドバイザー分野でクロエという名称でサービスやアプリをリリースしていました。

しかし、その後クロエのサービスは終了。

エイト証券として個人向けのサービスはすべて終了しており、エイト証券のサイトを見ても何もサービス情報は見当たらず、ただ、会社情報があるのみ・・

個人向けのサービス提供は終了し、廃業状態となっています。

中国株ブームの時にお世話になった旧ユナイテッドワールド証券がこうやって無残な姿になっているのは、なんか悲しい気持ちです。

-外国株式

© 2021 BRICsプラス11