世界のエレベーター速度ランキング 日本メーカー強し

今新興国を中心に超高層ビルの建築が相次いでいます。

超高層ビルには、超高速のエレベーターもセットで設置されるケースが多くなります。

ということで今回はそんなエレベーターの速度ランキングを発表!

世界のエレベーター速度ランキング

順位 建物名(国・地域名) 速度[分速] 完成した年 建物の高さ メーカー
1 台北101(台湾) 1010m 2004年 509m 東芝
2 横浜ランドマークタワー 750m 1993年 296.3m 三菱電機
3 東京スカイツリー 600m 2012年 634m 東芝
3 サンシャイン60 600m 1978年 239.7m 三菱電機
3 高雄85ビル(台湾) 600m 1996年 378m 三菱電機
3 上海環球金融中心(中国) 600m 2008年 492m 日立
3 ブルジュ・ハリファ(U.A.E ドバイ) 600m 2010年 828m OTIS
3 広州タワー(中国) 600m 2009年 600m OTIS

現在のトップは台湾の台北101でエレベーターの速度は分速1010メートル。

時速約60kmという速さで動いています。

続いて横浜のシンボルであるランドマークタワー、5月22日から開業するスカイツリーが続いています。

エレベーターの速度は日本メーカーが世界トップ

上の表を見てわかるように日本、中国、台湾の高層ビルがランキング上位で尚且つエレベーター製造メーカーも三菱電機や東芝など日本メーカーが強いようです。

因みに2014年完成予定の上海中心大廈(中国 632m)が無事完成すれば台北101を抜いて世界最速のエレベーターとなる見込みで、こちらのエレベーターも日本の三菱電機製です。(分速1080m)

個人的には台北101やランドマークタワーのエレベーターも経験していますが、ドバイにある世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」のエレベーターがインパクト強かったです。

なんでかと言うとエレベーター内の演出がめっちゃカッコいいからで、

音楽とエレベータに仕掛けられたアニメーションがなんとも美しく・カッコいいんです!!

関連記事)世界一高い建築物 中東ドバイの”ブルジュ・ハリファ”(旧ブルジュ・ドバイ)展望台に登ってきました

ブルジュ・ハリファ 展望台までのエレベーター動画

エレベーター速度データのsource:DIME 2012/4/17

シェアする

フォローする