ふるさと納税による所得税と住民税の還付について確認する方法

ふるさと納税を行うと、所得税が還付され、翌年住民税が控除されます。

これによって自己負担金2000円で様々な地方の返礼品を頂くことが出来るわけです。

しかし、ふるさと納税をしても実際に税金が還付されたり、控除されて自己負担金2000円で収まっているかを確認している人は少ないのではないでしょうか?

ちゃんと自己負担金2000円でふるさと納税出来ているのか?

そしてそればどうやって確認するのか?

今回はそのあたりを解説していきます。

ふるさと納税による税金の還付

所得税の還付金や住民税の控除額についての計算方法は、「ふるさと納税の年収別、控除限度額計算目安表(2017年版)」を参照してもらうと分かりますが、実際に計算された通りに税金が還付されたのかを確認するにはどうすれば良いのでしょうか?

まず所得税については、直接還付金として銀行口座に振り込まれることで金額を確認する事が出来ます。

また、確定申告している場合は、申告書を作成する時に税金の還付金額を確認する事が出来ます。

都道府県税や市町村税といった住民税については、直接銀行口座に振り込まれる訳ではありません。

会社員の場合は、毎年6月に7月から翌年6月までの住民税の支払い額が記載された通知書を受け取ると思います。

こんな様な紙です。

住民税の支払い通知書でふるさと納税の控除額を確認

ふるさと納税による住民税控除

出典:総務省「地方税分野の主な申告手続き等における様式【税目別】」

この通知書の中で税額控除額と記載されている部分があるのですが、ここにふるさと納税による税金の控除額について記載されています。

尚、この項目はふるさと納税だけでなく、それ以外の控除額も含まれている点は注意してください。

また、会社員で副収入がある方で住民税の支払いを別々にしている場合は、別途毎年6月に送られてくる税金の請求書に同封されている課税明細書の摘要欄に「寄付税額控除」としてふるさと納税を含めた税金の控除額について記載されています。

ふるさと納税による住民税還付金確認

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする