SBIがスリランカ大手銀行「セイロン商業銀行」株を取得

SBIが昨日リリースしたプレスリリースでスリランカ大手銀行「セイロン商業銀行」の株式を約10%取得したことを発表しました。

セイロン商業銀行の株式は私も2009年9月から保有しています。

参考:スリランカ株式の保有銘柄 – 2010年4月末時点

日本の大手金融機関がスリランカへの投資を有望と判断したということですから、今後他の金融機関なども追随してスリランカへの投資が注目されればいいなぁと思っています。

以下、SBIのプレスリリース文です。

本日付けでスリランカの大手商業銀行であり、コロンボ証券取引所に上場するCommercial Bank of Ceylon PLC(以下、「Commercial Bank of Ceylon」)の発行済み株式の9.99%を、当社子会社を通じて取得いたしましたのでお知らせいたします。

昨年5月に内戦が終結した スリランカでは、基幹インフラの復旧・整備をはじめとする本格的な経済復興が始動しており、今後金融を含む同国産業においては経済成長が加速すると見込ま れます。金融事業の根幹を成し、かつ経済成長の原動力となる銀行業を営むCommercial Bank of Ceylonは、スリランカ国内において190の支店網(2010年3月末現在)を有し、同国大手商業銀行の預金残高合計の約13%を取り扱う、民間では 最大の商業銀行であることから、このたびの株式取得により、同行の今後の成長による果実が期待できるだけでなく、同国の他産業に対する積極的な投資機会を 追求することができると考えております。
また同行は、スリランカの銀行で唯一、海外での事業展開に成功している銀行であり、特にバングラデシュ では自社支店やATM網を展開しているほか、現地の銀行との積極的な提携も進めていることから、当社グループとしては、南アジア地域における有力企業との ネットワークを更に強化することが可能となり、同地域及び周辺のアジア新興諸国における当社グループの事業拡大に大きく貢献するものと考えております。

当 社グループは引き続き、アジアの新興諸国を中心に現地有力パートナーと連携して積極的に投資事業を進めるとともに、日本においてこれまでに蓄積してきた、 証券、銀行など事業運営に関するノウハウ等を活用し、これらの金融サービス事業の海外展開を加速させてまいります。

引用元:SBI:スリランカCommercial Bank of Ceylon PLCの株式取得のお知らせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. スリランカ株投資:セイロン商業銀行から2010年3Q決算報告資料が送られてきた より:

    スリランカ コロンボ証券取引所の上場する企業の中で3番目の時価総額を誇るセイロン商業銀行。