ウェルスナビなどロボアドバイザー18社の手数料で安いところは何処か比較

海外紙幣

ここ数年日本でもフィンテック(金融とIT技術を組み合わせたサービスのこと)の一環としてロボットアドバイザーのサービスがかなり多くなってきました。

代表的なサービスとしてはWealthNaviTHEO(テオ)といったところですが、SBI証券や楽天証券などの大手ネット証券も参入して競争が激しくなっています。

そこで今回は、そんなロボアドバイザーの手数料面に注目して、18社が提供する各ロボアドバイザーの手数料を調査して表にまとめました。

ロボアドバイザーを利用してみたいと思った時にどこが手数料面で安いのか検討するのに有用です。

ロボアドバイザーの手数料と最低投信金額比較表

サービス名運営会社年間手数料最低投資金額運用形態
8 nowエイト証券0.88%88ドル投資一任型
クロエエイト証券0.88%1万円投資一任型
ウェルスナビウェルスナビ1%30万円投資一任型
THEOお金のデザイン1%10万円投資一任型
楽ラップ楽天証券0.99%10万円投資一任型
MSV LIFEマネックス証券0.99%1000円投資一任型
大和ファンドラップオンライン大和証券1%50万円投資一任型
SMART FOLIOみずほ銀行0.57%1000円アドバイス型
PORTSTAR三菱UFJ国債投信0.50%提携金融機関によって変わるアドバイス型
Funds Robo野村アセットマネージメント提携金融機関によって変わる提携金融機関によって変わるアドバイス型
ファンドロボSBI証券購入投信によって変わる購入投信によって変わるアドバイス型
資産の窓口財産ネット0.20%1万円アドバイス型
カライス東海東京証券0.54%1万円アドバイス型
野村のゴールベース野村證券2.38%1万円程度アドバイス型
投信工房松井証券0.37%1万円アドバイス型
とうしの入り口三井住友信託銀行購入投信によって変わる購入投信によって変わるアドバイス型
ロボットアドバイザー浜銀TT証券購入投信によって変わる購入投信によって変わるアドバイス型
fund eyeSMBC日興証券購入投信によって変わる購入投信によって変わるアドバイス型

こうして俯瞰してみると、年間手数料率2%以上という野村證券の手数料の高さが際立ちます。

流石野村證券様といったところでしょうか。

それ以外は大体0.5%から1%の間に集約されている状況で、投資一任型のロボアドバイザーは殆どが年間手数料1%となっていて差があまりありません。

そのため、積立投資に対応していて、特定口座にも対応しているウェルスナビやTHEO(テオ)が選択肢としては有力となります。

ロボットアドバイザーの種類と手数料

上記表を見てみると、現在日本で提供されるロボットアドバイザーには、投資一任型とアドバイス型の2種類のサービスがあることが理解して頂けると思います。

ロボットアドバイザーでは、基本的にシステムが用意した質問に答える形で、自分にあった資産ポートフォリオを提案してくれます。

これは投資一任型もアドバイス型も一緒です。

ポートフォリオというのは、ざっくり言うと株や債権に不動産といった資産別の投資比率です。

アドバイス型のロボットアドバイザーでは、AIなどのシステムが提案してくれたポートフォリオ案に沿って、自分で投資信託やETFを購入して資産運用を行います

それに対して、投資一任型のロボットアドバイザーでは、自分にあったポートフォリオの提案だけでなく、その提案内容にそった金融商品の売買まで含めて自動で全て管理を行います

そのためアドバイス型に比べて手数料が若干高くなりますが、投資初心者にとっては特に何かする必要が無いので、運用で困ることは少なく使いやすいといえます。

ロボアドバイザー各社の特徴

日本で初めてロボアドバイザーを始めたのが、エイト証券が提供する「8 now!」です。

元々外国株取引に強みを持つエイト証券らしく海外ETFを利用した運用を行うサービスとなっています。

関連記事:

旧ユナイテッドワールド証券のエイト証券が中国株やアメリカ株の取引サービスを終了

エイト証券から登場したロボアドバイザーは試す価値があるのか

また、エイト証券はもう1つ「クロエ」というロボットアドバイザーサービスを提供しています。

こちらは、「8 now!」とは逆に日本の東証に上場しているETFで運用を行う且つスマホアプリ専用となっています。

ロボアドバイザーの投資運用先

18社が運営しているロボアドバイザーのうち多くは、国内の投資信託、主にインデックスファンドを利用した運用を行います。

それに対して、先程紹介した日本初のロボットアドバイザーサービスである「8 now!」同様に海外ETFを利用したロボットアドバイザーが他に2社あります。

それがウェルスナビとTHEOです。

この2社は、ロボアドバイザーの知名度においては他よりも高いのですが、いずれもアメリカの証券市場に上場しているETFで資産運用を行います。

私の場合実際にウェルスナビを利用しているのですが、ポートフォリオは下記のようになっていて、VTIやVWOといったバンガードの著名なETFで運用されています。

ウェルスナビのポートフォリオ

アメリカの証券市場では、ETFの取引が活発で銘柄数も非常に多く、手数料も非常に低いことから運用会社にとっては使い勝手が良い商品になっています。

ではこの2社の運用先が他に比べて優れているのかというとそういうわけではなく、インデックスファンドの投資信託でも、実は同様のETFに投資しているという投資信託は多いのです。

何処のロボアドバイザーを使うべきか?

そのためどこのロボアドバイザーを使うべきなのかという視点でいうと、手数料が安い事は勿論のこと、投資成果が出しやすいとされる積立投資に対応していること、確定申告の煩わしさがない特定口座に対応しているところを個人的には選択すべきだと言いたいです。

投資一任型は手数料に差が殆どないので、これらの条件を満たしているのは、WealthNaviTHEO(テオ)といえます。

アドバイス型のロボアドバイザーについては、投資初心者が利用するという観点でいえば個人的には今のところ利用する価値はないと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする