コモディティ価格上昇で中国株の資源株はどうなってる

下図はコモディティ先物取引価格の週足チャートです。

コモディティ価格チャート

金、銀、パラジウム、銅、プラチナ、綿などが上昇しているのがわかります。

これに関連して香港市場のH株指数に採用されている中国企業の中で資源株の動きを確認。(下のチャート)

1:ジャンシーコパー(江西銅業)

企業名通り銅関連銘柄。

ジャンシー・コパー

2:シノペック(中国石油化工)

石油関連銘柄。

シノペック

3:チャイナ・コール(中煤能源)

石炭関連銘柄。

中煤能源

各銘柄のチャートはユナイテッドワールド証券より引用

上で挙げた3つの資源銘柄は上昇していますが、東風汽車(自動車)など他のH株指数採用銘柄でも同様の値動きをしている株もあるので単純に商品価格の上昇が資源株の株価上昇の要因とは言えないかもしれませんね。

資源関連に投資する場合、

  1. 資源そのものに投資する
  2. 資源関連の企業に投資する

といった選択肢があると思います。

1は、現物の金、銀を買ったり、先物市場を使ったり、コモディティETFを使うことで実現できると思います。

2に挙げた資源関連の企業、特に大手と呼ばれるところは世界各国の株価指数に採用されているので、知らず知らずのうちに貴方の資産運用の中で資源株に投資しているということになっていたりします。

個人的にも商品・コモディティには投資したいと思っていて、これまではどちらかというと上に挙げた資源株などを買っていました。

今後はETF含めちょっと再構築しようかなと思っているところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ