アメリカからマレーシア株への投資が増加する?

ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スターが9月24日に報じた記事によると、アメリカの証券取引委員会(SEC)はブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)と、債券市場を運営するブルサ・マレーシア・ボンドの電子取引プラット フォームを証券業法のS規則に基づくオフショア証券市場として認定した。

アメリカの投資家は、マレーシア株と債券を海外証券会社の仲介なしに直接、取引することが可能となる。

従来はアメリカに住所がある人に限って指定の海外証券会社を通じて取引が認められていた。

今回の処置によってアメリカの投資家によるマレーシアへの投資が増える可能性がありますね。

マレーシアの株価指数(KLCI指数)は2008年1月の高値まで戻ってきている状況です。

マレーシア株価指数5年チャート(出所:Bloonberg)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする