これを知らずに口座開設してはダメ NISAの対象になる金融商品とならない金融商品

2014年1月から始まる日本版ISA 少額投資非課税制度(愛称:NISA)

最近金融機関間で口座開設予約競争が始まってる模様(自分の周りではまったく何も起きていないが・・)のNISAは最大で500万円分の投資に対する利益や配当への課税が非課税になる制度。

ただ、NISAでは全ての金融商品が対象になるわけではなく、対象になるものとならないものがあるので口座開設前には必ず知っておきたいところ。

ということで現時点で決まっている金融商品のNISA対象か否かを以下の表にまとめてみた。

◯が対象、×が非対象という意味になっています。(表の先頭 ヘッダー部分をクリックするとソートされるようにしてあります)

NISA(少額投資非課税制度) 金融商品毎の対象有無表

金融商品NISAの対象か否か
預金・貯金×
個人向け国債×
投資信託 国内債券
外国債券×
“ŠŽ‘投資信託 外国債券
外貨預金×
FX×
外貨MMF×
MMF,MRF×
個別株(日本株)◯
個別株(外国株)◯
投資信託 日本株
投資信託 外国株
REIT(不動産投資信託)◯
“ŠŽ‘投資信託 国内REIT
“ŠŽ‘投資信託 海外REIT
ETF(‘“国内上場)
ETF(‘“海外上場)
ETN

ETFの中でも金ETFに関しては、外国投資法人債券はNISA対象外になります。また、表で◯になっていてもNISAの口座を開設する証券会社または銀行で取り扱っていない可能性もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする