ETFの歴史:世界で最初のETFは1989年に生まれていた?

ETF、上場投資信託と訳されるこの金融商品が生まれてから20年とちょっと。

ETFの歴史について興味を持ったので世界で最初のETFはなんだったんだろうかとざっくりネットでググッてみると日本語の情報では1990年にトロント証券取引所が開発した「※TIPS35」が世界で初めてのETFであるというのが殆ど。

※Toronto Index Participation Share

続いて、英語のサイトをいくつか見ると1989年にS&P500と連動するように設計されたインデックス・パーティシペーション・シェア・ファンドが最初のETFだという記事が多くありました、またThe exchange-traded funds manual

という本でも同様のことが言及されている。

1989年に作られたこのファンドはシカゴ・マーカンタイル取引所からの訴訟?によって売買が停止に追い込まれていて金融商品としては短命だったようですね。

他にも世界最大級の投信会社フィデリティ投信の元社長であるロバート・ポーゼン氏(現MFS 会長)の近著「The Fund Industry」では、「1992 年にETFは生まれた」と記述されているなど世界で最初に組成されたETFについては色々な説があるようです。

出所:http://en.wikipedia.org,http://etfs.bmo.com/knowledge-centre/what-are-ETFs/history-of-ETFs/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする