One Tap Buyを利用者目線で評価した時の長所と短所

ユナイテッドワールド証券(現エイト証券)創業者の林和人さんによって創業されたスマホ専業の証券会社である株式会社One Tap Buyの人気が高まっているようですね。

口座開設申込者が多く、口座開設までに3週間ほどかかるような人気ぶりです。

Read reviews, compare customer ratings, see screenshots, and learn more about 国内株式・3タップで買える証券取引アプリ. Download 国内株式・3タップで買える証券取引アプリ and enjoy it on your iPhone, i...
3タップで誰でもカンタンに日本を代表する企業の株が買えます。取扱い全銘柄が1,000円から取引できるので、通常数百万円必要な銘柄も手軽に投資できます。

今回はそんなOne Tap Buyを正式サービススタート前から利用している管理人が、実際のところOne Tap Buyはお勧め出来るのか、ダメなところはないのか?といったところを具体例を交えて解説していきます。

取引出来る銘柄は日本株と米国株の一部のみ

2016年のサービス開始当初のOne Tap Buyは、米国株のみ売買できるアプリでしたが、2017年7月からは日本株についてもアプリから株式を売買できるようになっています。

ただ、One Tap Buyで取引できる銘柄は限られていて、2017年9月時点で米国株は28銘柄、日本株が30銘柄のみととなっています。

One Tap Buyで取引できる米国株の銘柄一覧

One Tap Buyで株式を売買できる銘柄は以下の28銘柄となります。

以前まではYahoo!を含めた29銘柄でしたが、現在Yahoo!は売却のみ可能という状況です。

  1. Facebook
  2. Alphabet(グーグルの持株会社)
  3. コカ・コーラ
  4. Apple
  5. ウォルトディズニー
  6. GAP
  7. COACH
  8. ナイキ
  9. マクドナルド
  10. Amazon
  11. マイクロソフト
  12. スターバックス
  13. IBM
  14. タイムワーナ
  15. P&G
  16. ボーイング
  17. エクソンモービル
  18. コストコ
  19. GE(ゼネラルエレクトリック)
  20. ゼロックス
  21. hp
  22. シスコシステムズ
  23. インテル
  24. キャタピラー
  25. モンデリーズ
  26. ファイザー
  27. Twitter
  28. VISA
  29. Yahoo!(現アルタバ) 買い付け不可で売却のみ

One Tap Buyで取引できる日本株の銘柄一覧

2017年7月から始まった日本株の売買については、トヨタやソニーなど大手銘柄30銘柄に厳選されています。

  1. 任天堂
  2. トヨタ自動車
  3. みずほ
  4. リクルート
  5. 楽天
  6. 資生堂
  7. ファーストリテイリング
  8. ソニー
  9. 積水ハウス
  10. 明治
  11. キリン
  12. セブン&アイ
  13. 花王
  14. 武田薬品
  15. オリエンタルランド
  16. ヤフー
  17. ブリジストン
  18. TOTO
  19. Panasonic
  20. キーエンス
  21. ファナック
  22. 村田製作所
  23. 日産自動車
  24. ホンダ
  25. 良品計画
  26. Canon
  27. ユニ・チャーム
  28. ヤマトHD
  29. セコム
  30. ニトリ
スマホ証券One Tap BUYが取り扱っている30銘柄は、世界を変えた革新的なモノやサービスを提供している企業、地球上の人々の生活を便利に楽しくしてくれる企業、馴染みのある優良企業30社です。

これら個別銘柄以外に日本株のETFが3つ売買できます。

このようにOne Tap Buyでは取引できる銘柄を制限しています。

One Tap Buyで取引できる銘柄が少ない理由

前述したようにOne Tap Buyで取引できる銘柄は30銘柄以下に制限されていますが、これには訳があります。

それは、One Tap Buyの取引が相対取引であるということです。

通常の株式売買は、東京証券取引所などの証券取引所(市場)を介して買い手と売り手を仲介して売買を成立させています。

対して相対取引では、私達は証券取引所に注文を出しているわけではなく、One Tap Buyが予め証券取引所などを介して入手した株式を、私達ユーザに売っているのです。

逆に、私達が保有する株式を売却しようとした時は、One Tap Buyが一旦私達の株式を買取、それを保有したり、取引所で売却したりします。

このような仕組みのため、One Tap Buyは、顧客である私達に対して大量の株式を予め用意するか、取引所から容易に株式を調達できる必要があります。

そのような条件を満たす銘柄となると、必然的に大型株ということになります。

因みに、外国為替証拠金取引であるFXもくりっく365を以外は相対取引(OTCと呼ばれます)となっています。

シェアする

フォローする