NISA(ニーサ)での取引が可能になったので早速取引してみて分かった事

今日(2013年12月26日)から少額投資非課税制度(通称:NISA ニーサ)専用口座での取引がスタートしました。

NISA口座は既にご存知のように1人当たり1つの口座しか持つ事が出来ません。

日本中にある数十~数百の銀行や証券会社から1つ選んで口座を作るわけですが、私は従来から利用しているネット証券の1つである楽天証券にNISA口座を開設しました。

口座自体は申込から1ヶ月ちょっとたった今週始めにやっと楽天証券から開設完了の連絡があった状態です。

で、早速今日NISA口座での取引をやってみようとしたのですが、その前にNISA口座での配当金の受け取り方法を株式比例配分方式に変更する必要があります。

これをしないとせっかくNISA口座で投資したのに配当金が非課税になりません。

楽天証券の場合は口座管理-配当金受取方法にアクセス

NISA(ニーサ)配当金受け取り1方法設定

そして、現在の受取方法を確認して、既に株式比例配分方式になっていればそのままでOKですが、違う場合は変更しておきましょう。

NISA(ニーサ)配当金受け取り方法設定2

で、設定が終わったのでNISA口座での注文を出します。

下の図はNISA口座で投資信託を購入しようとしているところです。

NISAは年間100万円までの投資から得られる売買益及び配当が非課税になりますが、下図を見ると分かるように楽天証券の場合は非課税買付可能額というところに最初は100万円と表示されています。

そして、実際に買い注文する際には口座の種類が選べるようになっていますので、ここで非課税を選択して注文を出します。特定口座や一般口座で注文してしまうとNISAの恩恵は受けられなくなります。

NISA(ニーサ)口座での売買注文

注文が出し終わると、さきほどの非課税買付可能額から注文した金額が差し引かれた数字に変更されます。

NISA(ニーサ)非課税買付可能額

他の証券会社の使い勝手は分かりませんが、ネット証券ならどこも同じような感じだと思われます。

ご自身の口座を確認してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ