マネックス証券3月から中国株取次を買収したBOOM証券に変更

マネックス証券は2012年3月から中国株の取次を2010年7月に買収した香港のネット証券『マネックスBOOM証券』にて行うことがマネックスの決算資料からわかった。

これによってマネックス証券の中国株取引の手数料や取り扱い商品などに変化があるかはまだわからない。

マネックスBOOM証券は、世界12カ国・地域の株式取引が可能で香港・米国・日本・シンガポール・オーストラリアの5市場に関しては信用取引も扱っています。

残高有口座数は9839、預り資産は約538億円(2011年12月末)となっていて、それほど大きな証券会社ではありません。

口座数に関しては2011年6月末に9614だったのが、2011年9月末に9803、2011年12月末時点で9839となっているので半年間で口座数の増加は200あまりと僅か。

預かり資産は2011年6月末の段階で約678億円、2011年9月末で約536億円、2011年12月末時点で約538億円という変移になっている。

出典:マネックス 2011年度決算資料

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ