ジムロジャーズはベトナム株については強気

大和証券が2010年9月8日に行ったジム・ロジャーズ氏へのインタビューの内容をレポートとして公開。

そのレポートの中で同氏はベトナム株式市場について

「ベトナムについては強気です。それほど詳しくはありませんが、ベトナムは人口8,000万人、勤勉 な国民で、おおむね同じ人種・言語グループに属しています。人種、宗教、言語に関する争いもほと んどありません。近隣には成長を続けている強大な中国とインドといった国のほか、今後さらに成 長が期待される国々もあります。株式市場に関しては、このところ下落していますが、ベトナムの将 来は明るいと思っています。カナダは世界で最も成功した国になりましたが、それは主として、とても 豊かで成功した隣国の米国があったからです。ベトナムも同じようなことになるでしょう。」

と述べたと書かれている。

ただ、このレポートはダイワ/“RICI®”コモディティ・ファント用のレポートであり、なぜその中でベトナム株についてわざわざ触れられているのかは気になるところ。

出典: http://www.daiwa-am.co.jp/funds/doc_open/fund_doc_open2.php?iid=d01beec34263

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ