ベトナムのサクラ証券が日本証券(JSI)に社名を変更

邱永漢氏やアイザワ証券、日本アジアHDで合計49%出資しているベトナム唯一※の日本資本が入っている証券会社「サクラ証券」が4月1日から日本証券(Japan Securities Incorporated)に社名が変わります。

※ベトナム最大の証券会社であるサイゴン証券(SSI)にも大和証券が出資しているが、10%の出資なので影響力は少ない

社長である横山氏のコラムによると邱永漢氏はサクラ証券の名称が気に入っていたらしく、この社名変更には賛成ではなかったご様子。

さて、社名変更に合わせてHPもリニューアルされるようで、投資家にとっても使いやすくなることを期待しています。

現在のHPでも自分の資金や保有している銘柄などは一応確認できますが(もちろ全てベトナム語 ro 英語)、さらなる改善が図られるでしょうか。

サクラ証券は昨年スタートしたばかりの新興証券会社ですが、既に今年に入ってホーチミン証券取引所における外国人売買シェアが1月10位、2月5位と急拡大しています。これはおそらくサクラ証券を取次先としている日本アジア証券アイザワ証券、さらにはファンドからの注文が多いということの表れではないかと思います。

4月から新たにスタートする日本資本のベトナム証券会社の活躍を祈っています。

JSIのホームページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. oka より:

    日本証券のホームページアドレスを
    教えてください