スリランカインベストフォーラムが六本木で開催されました。

12月8日(木)東京六本木のベルサール六本木にてスリランカインベストフォーラム2011が開催されました。(主催:ニューワールド証券、駐日スリランカ大使館)

今回ニューワールド証券の五十嵐会長からお誘いを受けて参加させて頂きました。↓下図は配布資料

img_0388

このセミナーは来日中のスリランカ大手企業数社の経営トップや幹部などが日本のメディアや投資家に対してプレゼンを行うイベント。

当日はセイバンク、コロンボ・ランド&デベロップメント、ナワロカ・ホールディングス、パン・アジア銀行、パンアジア・パワー、アイディル・モーターズ。ロイヤル・セラミックス・ランカ、スリランカ航空の8社からプレゼンテーションが行われました。

企業のプレゼンが行われる前に開催挨拶としてまず駐日スリランカ大使のワサンタ・カランナゴダ氏から日本とスリランカの結びつきについてお話がありました。

駐日スリランカ大使のワサンタ・カランナゴダ

来年2012年でなんと日本とスリランカは国交樹立60周年にあたるということだそうです。

これまではどちらかというと宗教面での交流が主だったということですが、ビジネス面においても交流が活発になりはじめていると述べていました。(スリランカは仏教の国)

現在日本の成田空港とスリランカのコロンボ空港とは毎日3便飛行機が飛んでいるのですが、これが12月20日からは4便になり、来年には5便、6便、そして7便と増加することが決まっているとのこと!

来年はスリランカを訪れる日本人が増えそうです。

スリランカへの観光客の増加が著しいことは以前触れましたが、日本からの旅行者はたったの1%程度。

今年ニューヨークタイムズなどいくつかの海外メディアで世界の中で注目旅行先No1としてスリランカを取り上げましたので観光面では来年以降も成長が期待されています。

話が変わって経済面でいうと2011年のGDP成長率は8.5%になりそうだと見込んでいるとのことです。

当初目論んでいた9%には届かないようですが戦後の高い経済成長率は続いているようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする