ビックカメラの株主優待券を無駄なく最もお得に使う方法とは

11月末までの期限となっていたビックカメラの株主優待券を使って以前から気になっていたグーグルのChromecastを購入してきました。

ビックカメラの株主優待券でポイントを有効に貯めよう

ビックカメラ-クロームキャスト

Chromecastは、基本的にどこのショップでも定価で販売されていて、家電量販店のポイントも付きません。

こういうケースが株主優待券を利用して購入するには丁度いいんです。

なぜかというと、ビックカメラの株主優待券は、商品代金から優待券にかかれている金額分値引きされる形になるので、値引き分にはポイントがつかないからなんです。

元々ポイントが付かない商品であれば株主優待券利用によるデメリットを感じさせませんよね。

これが通常の10%ポイントが付く商品で株主優待券を使うと値引き分ポイントが付きません

Chromecastにようにポイントが付かない商品で買いたい物があれば、その購入時に株主優待券やポイントは使った方がより有効というわけです。

ビックカメラ-株主優待利用

上記レシートの写真を見てもらうと分かるようにChromecastの代金以外の750円分に対してポイントが付いているのが分かります。

ビックカメラに関する関連記事

ビックカメラドットコムでの株主優待券利用が非常に面倒な件
株主配当と株主優待合わせての利回りが高いことから人気があるビックカメラ株。ビックカメラの株主優待はビックカメラグループで使えるお買い物券が保...
ビックカメラのポイントを常に+3%上乗せする方法
LINEクーポンよりも確実 家電量販店大手のビックカメラでのポイント付与率を常に+3%にする方法があるのを知っていますか? 期間限定とか...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ