自動車レースのF1 シンガポールに上場?

ブルームバーグなど複数のメディアが3月21日付で自動車レースの最高峰フォーミュラ1(F1)を運営するフォーミュラ・ワン・マネ ジメント(FOM)が、シンガポール株式市場への新規上場(IPO)を検討していると報じました。

ブルームバーグによると、フォーミュラ・ワン・マネ ジメントの価値は100億ド ル(約8400億円)相当と見積もられており、F1株を保有するイギリスの投資会社CVCキャピタル・パートナーズがIPOを通じて同社株の売却を検討、アメリカ大手投資銀行のゴールドマン・サッ クスに調査を依頼したといいます。

また、イギリスのスカイニューズも3月19日にCVCがF1株の一部売却を検討するためゴールドマンを起用したと報じています。

フォーミュラ・ワン・マネ ジメントのCEO(最高経営責任者)であるバーニー・エクレストンは2011年11月にF1株のシ ンガポール上場を示唆していたので、シンガポールへの上場が現実味を帯びてきたということなのでしょか。

F1は世界各国で開催されていますが、特に2000年代に入ってからシンガポール、韓国、中国、マレーシア、インドなどアジアの新興国での開催が増加傾向にある一方で、ヨーロッパでの開催は債務危機など各国の経済情勢から不安定な状況にあります。

個人的にF1が大好きなので、シンガポールにF1株が上場したら記念に1株くらい買ってみようかと思いますが、もし上場したら人気が出るのかは気になるところ。

source:Bloomberg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ