ベトナム株ETFとVN指数の比較

今年に入って香港に上場しているベトナム株ETF(db x トラッカーズFTSE:コード3087)が楽天証券やSBI証券などネット証券でも売買できるようになりました。

楽天証券では海外ETFの売買ランキングで1位を記録するなど個人投資家からの注目が高いベトナム株ETF。最近では日本の証券会社でもベトナムの個別株が取引できるようになりましたが、ベトナム株式市場の成長に対して投資してリターンを得たいというニーズに対してはこれまでアクティブファンドしか選択肢がありませんでした。

そんなニーズに応えたのが上記のベトナム株ETFといえるのではないでしょうか。

ETFは何かしらのベンチマークとなるインデックス(指数)に連動するように設計されています。

ベトナム株の指数といえばVN指数がメジャーで、日本でいう日経225、TOPIXのような存在です。

VN指数はホーチミン証券取引所に上場している全銘柄の時価総額加重平均指数で2000年7月28日を基準日とし、その日の時価総額を100として算出しています。※ホーチミン証券取引所には187の銘柄が上場しています。(2010.5.13)

さて、ここで最初に紹介したベトナム株ETF(db x トラッカーズFTSE)ですが、対象としているベンチマークはVN指数ではなくFTSEが設定したFTSEベトナム指数に連動するように設計されています。

ベトナム株ETF(db x トラッカーズFTSE)は34銘柄で構成されている点からみても、全銘柄から算出されているVN指数とはことなることがわかります。

この34銘柄は海外の投資家でも十分に取引できる銘柄で構成されていて、上位10銘柄は以下のようになっています。

銘柄 比率 時価総額ランキング
1 ホアン・アイン・ザー・ライ 10.78 6
2 ビンコム 9.38 11
3 ホアファット 6.38 19
4 ペトロベトナム化学肥料 6.31 14
5 ペトロベトナム・ドリリング 6.25 15
6 ベトコムバンク 5.99 1
7 FPT 5.62 17
8 ペトロベトナム・ファイナンス 4.77 10
9 ベトインバンク 4.08 3
10 ソンダ工業団地 3.86 22

上記表は2010年2月26日時点の情報(ドイツ銀行)になりますが、構成比率と時価総額順が一致していませんのでVN指数と連動することを想定している訳ではないことがわかります。

このような構成銘柄のベトナム株ETFとVN指数のチャートを比較してみました。↓

ベトナム株ETFとVN指数の比較

[上記チャートはBloombergからの引用]

このチャートからわかるのはベトナム株ETFとVN指数の動きは近いということです。

構成銘柄や比率は異なりますが、時価総額30位以内の銘柄で構成するとVN指数と近い動きになるということでしょう。

結論として、ベトナム株へ投資するツールとして中々良いのではないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする