スマホ電話料金の節約 今は楽天でんわよりもG-callがオススメ

先日楽天傘下のフュージョン・コミュニケーションズから発表された「楽天でんわ」。LINEやスカイプなどのIP電話ではなく通常の携帯音声通話網を使ったスマホでの通話料を大手キャリアの半分に節約できることを謳って大きな注目を集めています。

楽天でんわ

楽天でんわの発表で皮肉にも注目を集めることになった「G-call」

スマホ版のマイラインともいえる「楽天でんわ」ですが、「楽天でんわ」が登場するよりも前に同様のサービスを既に展開している会社があったのをご存知でしょうか?

それが(株)社ジーエーピーの提供する「G-Call」です。

G-Callは楽天でんわ登場の1年も前から同様のサービスを展開

「楽天でんわ」は12月5日に発表された訳ですが、「G-Call」はその約1年前の2013年1月には既にスマホ用のアプリをリリースしていて私も便利に利用させてもらっています。※アプリを除けばそれ以前からサービスは展開していた。

「G-Call」は、電話通話料が半分になるということでこれまでも情報通の人達から支持され利用者数を伸ばしてきた訳ですが、今回の「楽天でんわ」の発表や各種報道をきっかけに「G-Call」も更に注目を集めて「G-Call」のHPは一時アクセスが集中して動作が重い状態になるほどでした。

「楽天でんわ」と「G-call」を比較

楽天でんわ

G-call

基本料 無料 無料
スマホからスマホへの通話料※30秒当たり 10.8円
楽天ポイントが1%付く
10円消費税(8%)が免税
国際電話 一律30秒で10円 アメリカに6秒当たり2.9円
スマホアプリ対応状況 iOS/Android iOS/Android
ポイント付与及び付与率 1%通話料100円あたり1楽天ポイントが付与 なし
プレフィックス番号 0037 0063

G-callの国際電話料金表(G-callのHPより)

G-call国際電話料金比較

基本的には両社とも音声通話網を使った通常の電話と同じ音声品質を提供し、料金もほぼ同じ、スマホアプリの使い勝手に違いはあればどちらを選んでも大きな違いはありません。

しかし、現時点ではG-callの方が国際電話にも対応するなど利用できるサービスの範囲が広いので個人的にはG-callの方がおススメ。

今後「楽天でんわ」も国際電話に対応するでしょうし、両社が競い合って更に料金の低下も期待したいところです。

2014年2月19日追記:

楽天でんわが予想通り2014年2月19日から国際電話に対応しました。

更に通話料も32カ国一律30秒当たり10円とG-Callよりも低価格且つ分かり易い料金を打ち出してきたので、今後は楽天でんわの方がおススメ。

楽天でんわ国際電話料金

G-callは海外wifiやスマホ用IP電話サービスも展開

今回紹介したG-callですが、今回紹介した格安の音声通話サービスだけでなく、海外wifiレンタルサービスやスマホ用IP電話(050の電話番号)サービスも展開しています。

G-call海外wifiレンタルとIP電話

海外旅行に行く際やスマホの通話料を更に節約する際には利用の検討をしてみるといいでしょう。

G-callの海外wifiレンタル IP電話サービスについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする