戸松信博のベトナム株ノーロードファンドがクーロン製薬(DCL)を買い増し

ベトナム株ノーロードファンドがベトナムの製薬会社 クーロン製薬(DCL)の株を買い増したことがホーチミン証券取引所の発表資料からわかりました。

クーロン製薬

以下はホーチミン証券取引所の発表資料に記載されたベトナム株ノーロードファンドの取引結果です。

  • 取引前保有株 数:463,000株(4.77%)
  • 取得した株数:40,000株
  • 取引後保有株数:503,000株(5.18%)
  • 取引 日:2010年5月12日

クーロン製薬はベトナム唯一の医薬品カプセル製造メーカー。

ベトナム最大の薬品メーカーであるハウザン製薬(DHG)にも医薬品カプセルを納品しています。

2010年2月5日にはセファロスポリン系抗生物質の生産工場を新たに稼働させていますので今後同社の売上・利益にどのような貢献をしてくれるか注目です。

クーロン製薬の筆頭株主は政府で、ベトナム製薬総公社が37%を保有しています。

海外投資家の保有率は26.52%で、戸松氏のベトナム株ノーロードファンドはクーロン製薬にとって第4位の株主となっています。(2010.5.14時点)

そんな同社のここ2年の株価チャートは以下のようになっていて、PERは約10倍となっています。(VNダイレクト証券より)

クーロン製薬チャート.jpg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ