シティバンクに撤退報道 海外送金の手数料や代替サービスについてを考える

海外送金で利用しているシティバンク銀行が、日本の個人向け事業から撤退するのではないかという報道が今週出ていました。

海外送金に関しては日本の銀行では1回の送金において手数料が4000円~5000円かかるのが殆ど。

その中でシティバンク銀行の海外送金の手数料は他の日本の銀行と比較して安く、シティバンク銀行への預金が100万円以上ある人で2000円。預金が1000万円以上ある利用者に至っては海外送金手数料が0円※ということ、

そしてオンライン海外送金が出来ることから海外送金ユーザにとって欠かせない銀行となっている。

そんなシティバンク銀行に日本の個人向け業務の撤退という報道が出たので、今後本当に撤退となった場合についてどこの邦銀を使うか考えみた。

海外送金に関しては日本から海外に送金するケースと、海外から日本の銀行へ送金するケースがある。

海外から日本への送金受け取りで利用することが多い場合

まず、海外から日本へお金を送金するケース。

日本の中だけの振込しか経験した事がない人には分からないが、この場合お金を受け取る方にも手数料が発生する。

海外送金に関しては送金元の銀行と、受け取り先の銀行、そして送金元と受取先を中継する銀行と3箇所で手数料が発生する可能性があり、中継銀行でどの程度手数料が引かれるかはお金を振り込む時点では分からないことが多い。

このうち海外から日本への送金において受け取る側が負担する手数料は外貨受け取り手数料(リフティングチャージと呼ばれる)がある。

この受取手数料は自分が知っている範囲では大体1500円~2500円前後が相場のようだ。

シティバンク銀行はこれが0円な訳ですが、他に0円なのは新生銀行とソニー銀行がある。

なので海外からお金を受け取る人はこの2行がまず候補になると思う。

日本から海外へ送金することが多い場合

日本から海外へ送金する場合、多くの邦銀では大体4000円~5000円もの手数料がかかります。

シティバンク銀行に関しては最初に紹介したように預金額次第ではあるものの利用者に低い手数料でオンライン海外送金サービスを扱っている。

そこでまずは先ほど挙げた2行を見てみたい。

新生銀行は以前ロイズ銀行のオンライン海外送金サービスであったGoロイズ海外送金サービスを2013年3月に買取、現在Goレミット新生海外送金という名称でオンライン海外送金サービスを扱っている。

手数料は2000円(円建て送金だと3500円~)からとなっている。

もう1つのソニー銀行は、5000円となっていてソニー銀行は海外からの受け取りはいいのですが、海外への送金に関してはその他大勢の銀行と変わらず高いです。

この2行以外では、ゆうちょ銀行が海外送金手数料2500円と他の邦銀に比べて低い設定となっています。

海外送金する上で為替手数料の考慮も重要

実際に海外送金する場合はこれまで紹介した手数料の他に円から外貨への両替手数料も気にする必要があります。

2014年8月22日時点で円ドルの為替レートは1ドル=103.87円ですが、例えば新生銀行の両替為替レートは104.94円と1ドルに対して1円の為替手数料(為替スプレッド)があります。

100万円を米ドルでアメリカに送金しようとすると他の手数料を無視して計算してもFX取引並みの為替レートで9627ドルになるのが、新生銀行のレートだと9529ドルになってしまうわけです。

更にこれがみずほ銀行などの劣悪な両替為替レート(1ドル=106.96円)だと9349ドルにまで減ってしまい、FX取引相場のレートで両替した場合に比べて約3万円も少なくなってしまいます。

それだけ両替の為替手数料というのは重要なんです。

3年前に一度FXを使って為替手数料をなるべく抑える方法について調べたのですが、一度これを機に最新状況を調べてみようかな。

外貨両替手数料9割節約。マネーパートナーズが新たなサービスを開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする