世界の人口増加率、トップ3を中東の国が占める

ダイムで気になった記事があったので、ご紹介。

国際連合『World Population Prospects: The 2010 Revision』によると

人口増加率の高い国トップ5は以下のようになっている

順位国・地域増加率
1クウェート15.238%
2UAE12.26%
3バーレーン11.088%
4タークス・カイコス諸島4.562%
5リベリア4.543%

中東の国々における増加の要因はビジネス関係(特に投資関係)で外国人が入ってきていること。

その分、出ていく人も多いようだが、現状はプラスが上回っている。

スポンサーリンク

これらの国々は外国人ではなく、地元の人々の人口を増やすために資金面(例えば、結婚したら家を無償提供する)での優遇策を取っている。

4位のタークス・カイコス諸島はイギリス領でアメリカのマイアミやキューバ近郊の西インド諸島にある島国。wikipediaにはオフショア金融で栄えているとあるので、これが増加率の要因か。

対して増加率が低い国々は以下のように小さな島々が並んでいる。

順位国・地域増加率
1ニウエ島-2.769%
2セントヘレナ島-2.205%
3北マリアナ諸島-2.017%
4バチカン市国-1.432%
5トケラウ諸島-1.280%

2100年、人口3分の1の日本 (メディアファクトリー新書)

2100年、人口3分の1の日本 (メディアファクトリー新書) [書籍]

著者鬼頭 宏

出版社メディアファクトリー

出版日2011/04/28

商品カテゴリー新書

ページ数228

ISBN4840139032

Supported by amazon Product Advertising API

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ