香港ワインオークションが活況。ワイン投資の指数も上昇中

スポンサーリンク

10月4日(ブルームバーグ):米競売会社サザビーズが香港で2日間にわたって開いたワインオークションで、ブルゴーニュ産ロマネ・コンティが最高額で落札された。

手数料込みの落札総額は1億700万香港ドル(約11億5000万円)と、サザビーズが香港で開催したワインオークションとしては過去最高を記録。

サザビーズによると、出品された1366点すべてが落札された。予想落札 総額は7400万香港ドルだった。

サザビーズの アジア地域ワイン担当責任者、ロバート・スレイ氏はオークション後のインタビューで「現在ワインの国際市場を主導しているアジアの買い手は視野を広げている」と指摘。

「当社はアジアでここ約2年の間に6000点ほど売り上げた。このような状況はこれまで見たことがない」と述べた。

最高額が付いたのはロマネ・コンティ2005年1ケースで181万 5000香港ドル。予想落札額は120万香港ドルだった。

スポンサーリンク

ソース:http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=aFZXeiSrkp0w

香港は以前80%に設定されていた酒税を2008年を完全撤廃。

この政策が寄与してか香港のワイン輸入量は2009年に対前年比で40.8%増となっていて、香港が世界最大のワインオークション市場としてニューヨークをしのぐ可能性があるようです。

尚、世界にはワイン指数「Liv-ex指数」なるインデックスもあります。

下のチャートはワイン指数の一つとして世界の高級ワイン100銘柄の価格から算出している「Liv-ex 100」指数のチャートで、直近1年間で32%上昇しています。

ワイン指数201010

出所:http://www.liv-ex.com/

尚、「Liv-ex 100」指数の構成銘柄ですが、90%弱をボルドーの赤ワインが占めています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク