ベトナム株:VN30指数採用銘柄を変更でソンダ都市開発(SJS)などが外れる

スポンサーリンク

ベトナムのホーチミン株式市場の新しいインデックスであるVN30指数が7月16日に組み入れ銘柄の変更を発表。

新たに組み入れられた銘柄は以下の4銘柄

  • トゥリエム都市開発(NTL)
  • ミリタリバンク(MBB)
  • ホアセン鉄鋼グループ(HSG)
  • ダナンゴムタイヤ(DRC)

そして、外された銘柄はこちら

スポンサーリンク

  • ソンダ都市開発(SJS)
  • フンブオン水産(HVG)
  • クオッククオン・ザーライ(QCG)
  • カンディエン不動産(KDH)

この結果を反映したVN30指数の採用銘柄一覧。

外国人投資家が投資しやすい銘柄で構成されるVN30指数ですが、この指数を元にしたETFはまだ組成されていないところからするとあまり広まっていないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク