日本からの投資とは裏腹にベトナム株の深刻な低迷は続く

スポンサーリンク

ベトナムの代表的な株価指数「VN指数」の低迷が深刻化。

2011年12月15日には 360.16ポイントまで下落し、年初来安値を更新した。16日は小反発したものの、底打ちムードは容易に広がってこない。すでに2月高値529.2ポイ ントからの下落率は32%に達した。第二次・ズン政権の始動本格化による政策効果を期待して、8月11日の379.84ポイントから9月14日の 475.45ポイントまで駆け上がったものの、その後は沈静化しないインフレなど多くの難題を株式マーケットでは嫌気しているようだ。

ベトナム経済研究所によれば、日本からのベトナムへの投資意欲は旺盛で、現地の日本法人などによって構成される日本商工会の加盟企業は10月時点で 1004と、初めて1000を超えた(昨年末時点では899)。とりわけハノイを中心とする「北部では5年で倍増を繰り返すペース」という。

スポンサーリンク

しかし、日本の根強いラブコールとは別に、高インフレ、対外債務の増加、貿易赤字の増加などから、「第2のドイモイ(刷新)が必要」との声が現地の識者の間から上がっているもよう。

こうした動きを株価は敏感に映し出している。マーケットのほうから「株式市場振興=経済活性化に向けた政策を催促している」との見方もある。今後、VN指数がさらに落ち込んで350ポイントを割り込むようだと、こうした流れはさらに強まりそうだ。

引用元ソース: EMeye


来年は日本でのベトナム株ブームから5年。

そのころに組成され、ベトナム株のファンドとしては異例の100億円以上の資金を集めたグローバルリンクアドバイザーズのベトナム株ノーロードファンドが償還の年となります。

ベトナム株ノーロードファンドはクローズドファンドでしたので、投資した方々は途中での換金はできないためこの5年間ひたすら値下がりし続ける株と通貨を見守るしかありませんでした。

未公開株もかなりの割合で含まれてますしちゃんとEXITして投資家に償還できるのか心配です。

ベトナム株企業情報~上場全342銘柄詳細レポート~ (Modern Alchemists Series No. 75)

ベトナム株企業情報~上場全342銘柄詳細レポート~ (Modern Alchemists Series No. 75) [書籍]

著者ベト株ドットコム

クリエーター戸松信博

出版社パンローリング

出版日2009/03/13

商品カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数457

ISBN4775990829

Supported by amazon Product Advertising API

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク