BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

スリランカ株を取引するまでに必要な作業

2014/09/23

スリランカに銀行口座を開設

外国人株式取引専用口座(SIERA Account)を開設。

この口座は、海外からの入金、海外への送金が金額の大小にかかわらず、自由に行えます。

資金を置いておいても金利は付きません。

代表的なところではPABC銀行(Pan Asia Banking Corporation PLC)があります。

スリランカの証券会社に口座開設

証券会社を選定して、取引を開始するに当たり、取引契約を結びます。

スリランカは、証券が電子化されているので、証券会社は株の売買を代行するだけです。

購入した株券は、電子化されているので、国の管理する電子証券管理所に自動的に保管されます。

電子証券管理所にも、もちろん口座を開く事が必須ですが、これは、証券会社が代行してくれます。

電子証券管理所は、ネットから直接見ることもできるし、証券会社の提供する株式売買ソフトウェア(ネットに繋がっている環境であれば)で、いつでも確認する事ができます。

スポンサーリンク

代表的なところではSMB SecuritiesやAsia Capital Securities(アジアキャピタル証券)があります。

SIERA 口座に資金を送金する

日本から円貨をそのまま送金するのが一番お得です。ルピーを日本の銀行で買うと凄く高いので、円貨送金と念を押した方が良いとでしょう。

証券会社に資金を送金する

SIERA 口座に資金を送って、着金したら、株式購入に必要な金額を、SIERA 口座から証券会社の指定口座に送金する。

証券会社が、着金を確認すると、証券会社の配布するソフト上で確認ができます。

その金額の範囲であれば自由に株式が購入できます。

スリランカの場合、購入した株券の価値の50%までは、自動的に株式購入資金に使用できます。

ただし、貸し越し扱いになるので、金利が凄く高い(年利20%くらい)ので、気をつけましょう。

-スリランカ株取引方法
-, , , , , ,