BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

サコムバンク証券IPOへ参加するための準備作業完了

2014/09/23

ベトナムの大手証券会社サコムバンク証券(SBS)が今月IPO(日本のIPOとは意味が異なります。)を行います。

※ベトナムのIPOは国営企業や100%外国資本の有限会社が株式会社化する際に不特定多数の投資家から資金を調達するために株式を売り出すことを意味します。

サコムバンク証券(SBS)は大手民間銀行のサコムバンクが100%出資する証券会社で今年の第3四半期における株式とファンド証券仲介マーケットシェアではタンロン証券について第2位となっています。

2009年第3四半期株式とファンド証券仲介マーケットシェアのトップ3

  1. タンロン証券(TSC)(8.93%)、
  2. サコムバンク証券(SBS)(8.73%)、
  3. サイゴン証券(SSI) (7.52%)

このIPOへ参加するため昨日はベトナムの証券会社「桜証券」からもらった資料の認証作業に行ってきました。

認証作業ですが、まず桜証券から送ってもらった資料を公証役場へ持って行き、その場で署名を行い、公証役場の認証と外務省の認証を貰います。

因みに以下がサコムバンク証券(SBS)のIPOへ参加するために認証を受ける必要がある資料で、黄色の部分に日付と署名(サイン)を行います。

サコムバンク証券(SBS) IPO申し込み用紙その1 サコムバンク証券(SBS) IPO申し込み用紙その2

スポンサーリンク

次に認証された資料をベトナム大使館へ持っていき、ここでベトナム大使館からの認証を貰います。

最後に認証された資料を証券会社に国際郵便で送って準備完了です。

因みにこれら認証には結構費用がかかります。

公証役場での認証に1万1千円、ベトナム大使館での認証に5千円とトータルで1万6千円ほどのコストが発生します。

しかしなんで認証の費用はこんなにするんでしょうか?人件費ですかね~?

資料の準備が終わったら、IPOで入札するサコムバンク証券(SBS)株の株価(指値)と株数を証券会社に連絡します。

今回のサコムバンク証券(SBS)のIPOでは最低入札株価が15000VNDと設定されているので、この株価以上を指値で指定します。

今回私の場合26000VNDと設定しました。

サコムバンク証券(SBS)のIPOの株価予想に関してはマネーベトナムのサイトにて各証券会社へヒアリングした結果が掲載されているのですが、分からないという回答が多いようです。

サコムバンク証券(SBS)のIPOの日程ですが、

デポジットの入金と競売申込登録が11月16日まで、競売内容記入用紙提出が11月28日までとなっていて、競売日は11月28日となっています。

果たして、サコムバンク証券(SBS)の株を取得することができるのでしょうか。

-ベトナム株
-, , , , , ,