SBI証券がシンガポール、タイ、マレーシア株の取り扱い開始。大手ネット証券初 ASEAN株のリアルタイム取引も可能に

スポンサーリンク

インターネット証券最大手のSBI証券は2013年1月7日からシンガポール、タイ、マレーシアの株式の取り扱いを始める。

システム対応を進めたことで大手ネット証券(SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)では初めてとなるASEAN・アジア株のリアルタイム取引が可能になります。

今回新たに取り扱うシンガポール、タイ、マレーシアの株式は3カ国合計で約120銘柄。

シンガポール市場に上場している今注目のミャンマー企業 ヨマ・ストラテジック・ホールディングスは現時点では取り扱っていない。

決済通貨は円貨と外貨で選択することも可能。

スポンサーリンク

尚、今回の3カ国取り扱いに合わせて従来から取り扱っているインドネシア株の手数料を引き下げることも発表。

手数料は2.10%から1.05%へと引き下げられる。※為替手数料など他の手数料がかかることに変わりはない。

ここ最近ネット証券はSBI証券がASEAN株、マネックス証券が米国株外国株とサービス拡充に力を入れてますね。

今のところベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアのASEAN5カ国の株をネットで買える日本の大手ネット証券はSBI証券だけという状況。

日本のネット証券で外国株、特に新興国の株式を取引する場合には、表面上の手数料(約常時にかかる手数料)だけでなく、為替手数料に注意しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク