BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

世界株式時価総額国別シェアランキング アメリカと日本の伸びが他を圧倒

世界の株式時価総額全体の中で各国がどれだけのシェア(占有率)を持っているかを表したのが以下の図になります。

2013年世界国別株式時価総額シェアランキング-201305

データは2013年5月22日時点の数値。

スポンサーリンク

世界の株式時価総額占有率で最も高いのはご存知アメリカで、世界の時価総額のうち34%が米国株式市場が占めています。次いで中国(香港市場含む)が11%強、3番目が我ら日本で約8%となっています。

この3カ国の株式市場をあわせると世界の株式時価総額のうち半分以上を占めることになっているので影響力は大きいです。

今回の調査データで特徴的なのは株式時価総額のシェアでアメリカと日本の伸び率がそれぞれ2%、1%と他の市場を圧倒している点です。

他の国々は横ばいか、マイナスになっているので、それだけアメリカと日本の株式市場が上期は強かったことを示しています。

データ出典:ベスポークインベストメント社

-海外ETF
-, , , , ,