株主優待利回りランキングTOP20-金券編

日本株独特の制度で投資家に人気がある「株主優待」。

色んな株主優待がある中で用途が限定されなくて、利用期限も無いなど使い勝手がいいのが金券です。

今回はそんな金券を株主優待としている銘柄について優待も含めた配当利回りのランキングを作成しましたので、参考にしてもらえればと思います。

株主優待利回りランキングTOP20

下の株主優待利回りランキング表は並び替えできるようになっています。

スポンサーリンク

銘柄名
(コード)
株主優待取得
最低投資金額
優待を合わせた
総合利回り
予想配当利回り優待確定月主な優待内容
明光ネットワークジャパン(4668)
12万円5.1%2.7%8100株以上:3000円分のクオカード
THEグローバル社(3271)5万円5.02%3%6,12100株以上:クオカード1000円分
クロタニコーポレーション(3168)5.8万円4.24%3.4%8クオカード 100株以上:500円分、500株以上:1000円分、1000株以上:2000円分
ウェッズ(7551)68万円4.14%3.7%9クオカード 500株以上:3000円分、1000株以上:5000円分、5000株以上:1万円分
ビーピー・カストロール(5015)64万円4.4%4.2%12クオカード 500株以上:1000円分 1000株以上:2000円分
フジ住宅(8860)69万円4.2%3.8%3,9JCBギフトカード 1000株以上:3000円相当など
リックコーポレーション(3147)
9.1万円3%0.8%2三井住友VJAギフトカード 100株以上:2000円分、1000株以上:5000円分、5000株以上:7000円分
キング(8118)13万円3.9%3.2%3,9図書カード 300株以上:500円分ほか、100株以上の株主に自社ファミリーセール招待状なども
日本コンピュータ・ダイナミクス(4783)31万円3.9%3.3%9①JCBギフトカード②米③日本赤十字へ寄付 1000株以上:①2000円②5㎏③2000円
船井総研HD(9757)9.8万円3.9%3.4%12図書カード 100株以上:500円分 1000株以上:1000円分など
ケーユーHD(9856)6.9万円3.6%2.9%3,9100株以上:クオカード500円分
GMOインターネット(9449)12万円3.5%1.8%6,12100株以上:GMOくまポンギフト券2000円分、GMO証券手数料キャッシュバックほか
福山コンサルタント(9608)51.5万円3.5%2.9%61000株以上:3000円相当のオリジナル図書カード
As-meエステール(7872)8.4万円3.5%2.9%3,9100株以上:(9月末)クオカード500円3月末は500株以上で2000円の買い物券など
アサンテ(6073)12.5万円3.4%2.6%3,9100株以上:三菱UFJニコスギフトカード1000円分
ファルコHD(4671)13.8万円3.3%2.5%3,9100株以上:クオカード1000円分
リックス(7525)11.7万円2.7%1.8%3,9クオカード 100株以上:1000円分、1000株以上:2000円分、1万株以上:5000円分
ザ・パック(3950)24万円2.7%2.1%6,12100株以上:(6月末)500円相当の図書カード ( 12月末)1000円相当のクオカード
モリト(9837)9.2万円2.6%1.5%5,11100株以上:1000円分のオリジナルクオカード
イフジ産業(2924)5.3万円2.5%1.9%3,9たまごギフト券 100株以上:300円分 1000株以上:1200円分

投資額や配当利回りは2015年2月20日時点の株価で算出しています。

これから1ヶ月後の3月末は日本企業の決算期で、配当や株主優待の権利確定時期でもあります。

株主優待を狙っている投資家の方に今回のランキングが参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. teaandeel より:

    はじめまして。
    こういう記事は参考になりますね。ありがとうございます。
    でも、1位の明光ネットは優待維持できるんでしょうかね~
    概算で3万人の株主に3000円ずつ配ったら1億です・・・
    そのうち、1000円にするとかありそうな気が・・・
    そういう私ももらいつづけて何年だろう?

    優待縮小or廃止気配濃厚ランキングなんてのをやったら面白そうですよね

    • Yang-Wen-li より:

      コメントありがとうございます。
      優待縮小or廃止気配濃厚ランキングは面白そうですね!
      金券の株主優待はコストかかりますし、知らぬ間に縮小廃止なんてリスクは考えておかないといけないですね。