BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

日経ビジネス、ベトナム・ラオス・カンボジアが熱い

2014/09/23

日経ビジネス-アジア新興国でのモノ作り

写真:日経ビジネス2010/11/22号より

日経ビジネス2010/11/22号に『出現、モノづくり新興国 ベトナム・ラオス・カンボジアが熱い』というタイトルで東南アジアの新興国ベトナム・ラオス・カンボジアについて特集されているので読んでみました。

スポンサーリンク

中身の詳細は是非買って読んで頂ければと思いますが、

個人的に気になった点としては

この3ヶ国の中で一番人口が少ないラオス(人口約640万人)に進出している中小・零細日系メーカのお話で、

「労働市場が小さいため、大規模な人員を必要とする大型工場はラオスには進出しにくく、賃金を大手企業と比較されることが少ないので、賃金の上昇を抑えられ且つ人材の獲得競争になりにくい」というところである。

日本と比較した各国の賃金水準

  • 日本:ラオス=100:1.3
  • 日本:カンボジア=100:1.9
  • 日本:ベトナム=100:3.3

それ以外で気になった点としては、

ラオスの場合、最低賃金に加えて、1日の労働につき1ドルの補助金を従業員に支払う必要がある。

カンボジアの場合、最初から100%独自資本で会社設立が可能で優遇処置が受けられれば法人税が最大9年免除される。

といったところが気になったところです。

-外国株式
-, , , ,