香港ドルへの両替方法でお得なのは現地ATMでの引き出し

スポンサーリンク

先週末から11月1日まで香港へ行ってきました。

香港に行っている間はフィリップ証券(香港)の日本人社員2名の方、香港での法人設立コンサルティングをしている方々などと交流してきました。

また、ワイン&ダインフェスティバルやサザビーズのワインオークションなどにも参加して香港でのワイン人気を実感して帰ってきました。

さて、香港へ行った際はもちろん香港ドルを使用するわけですが、やはり日本円から香港ドルへの両替方法というのは気になるところです。

私も行く前に事前に色々と調べました。

日本円から香港ドルへの両替方法

一番気軽なのは日本で両替することですが、これはやはり為替レートが悪すぎるので却下。

現地の両替所(空港以外)やATMで引き出すのが為替レート的には良いと思います。

実際、現地の両替所とATM両方使って日本円を香港ドルに両替してみました。

両替した当時の為替レートは1香港ドル=10.4円前後でした。下図は2010年10月末時の香港ドル・円為替チャート

香港ドル-日本円為替レートチャート

スポンサーリンク

出典:forex.com

まず、日本での両替レートは1香港ドル=12.8円前後。そして、現地両替所の為替レートは両替所毎に異なりますが、大体1香港ドル=11.5円前後。

対してATMで日本のスルガ銀行普通用金口座から香港ドルに両替して引き出した場合には1香港ドル=10.77円でした。(引き出し手数料210円含む)

実際に使ったATMはシティバンクの店舗にある物を使ったのですが、日本の銀行のキャッシュカードを入れると、言語を選べる画面が出てきて、英語を選ぶつもりだったのですが、なんと日本語もありました!

ということで日本語を選んでその後の操作は日本語で楽々作業ができました。

ATMで日本の預金口座から現地通貨に両替してお金を引き出すメリットは上で書いたように為替レートが良いというところです。

※レートは銀行に依ります。今のところスルガ銀行のPLUSマーク付きのキャッシュカードが一番為替レートは良いようです。

海外旅行に行かれる方は近畿ツーリストサイトからスルガ銀行の口座を開設して現金を預金しておくと海外旅行の際にスルガ銀行のキャッシュカードで現地通貨を他より一般的に良いレートで引き出して使うことが出来るので何かと便利だと思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク