BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

台湾株が好調です

2014/09/23

2009年に入って新興国市場が好調ですが、その中でも台湾株が好調に推移しています。

特に3月以降台湾の代表的な株価指数である加権指数(Taiex)は約1ヵ月半で30%上昇。

台湾株 加権指数チャート

(チャート引用元:トレーダーズウェブ)

スポンサーリンク

4月25日に始まった中国・台湾の高官同市による会談にも期待が寄せられているのですが、これは経済取引を促進し、企業収益を回復するとみられているためです。

加権指数(Taiex)は2008年に前年比で46%下落したが、今年に入り28%上昇。

上海総合指数(35%)や深セン総合指数(48%)には及ばないものの、ブルームバーグが集計する89種の世界主要株価指数の騰落率では第4位の好成績です。(引用:bloomberg)

台湾の実体経済に関する指標では2008年第4QのGDP成長率がマイナス8.36%とかつてない水準に落ち込んでいるのですが、対中関係の改善観測が株価上昇の背景にありそうです。

台湾株に関しては2008年初めにジム・ロジャース氏が中国との関係改善から今後有望になるとみて台湾株に連動するETFに投資していることを公表しています。

-外国株式
-, , , , ,