BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

百度(バイドゥ)など中国インターネット・IT関連企業株は買われ過ぎ

2014/05/11

中国インターネット・IT関連企業の株は買われ過ぎ。

アメリカのべスポークインベストメントグループがそのように伝えている。

↓はアメリカのADR(預託証券)で上場している中国インターネット・IT関連の代表的な企業である新浪百度搜狐网易

のここ最近の株価チャート。

中国株-中国インターネット企業の株価

アメリカでは中国のインターネット・IT関連企業は人気があり、株が買われる傾向にある。

また、そのため中国のインターネット・IT関連企業は地元市場への上場前にアメリカに上場するケースも多い。

もっとも直近だと中国のオンライン出会い系サイトを運営する世紀佳(チャーユアン)がナスダックに上場することになっている。

スポンサーリンク

 

中国オンライン出会い系サイトー世紀佳(チャーユア)

 

世紀佳(チャーユアン)はナスダックへのIPOで最大1億ドルの資金を募集する計画している。

銘柄コードは"DATE"(銘柄コードもデートですか。。)

 

米証券取引委員会(SEC)に提出した目論見書によると、2009年と2010年の売上高は6390万元と1.676億元で、それぞれに570万元と1670万元の利益を実現した。

2011年3月31日までで、世紀佳縁の登録ユーザー数が4020万人。毎月の料金を支払うユーザー数は約88万人で、去年の31万人より188.2%増加している。

現在の株主構成は、筆頭株主として、会社会長の銭永強が31.03%、創設者兼CEOの龚海燕が25.79%、Qiming Venture Partners(上海)、が21.23%となっている。

オンライン出会い系サイトを開設したのが2003年、2008年からは市場シェア50%近くを保っているという。(ソース:recordchaina)

この銘柄もIPO直後から値を上げていくのだろうか。

-中国株個別銘柄
-, , , ,