BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

ジム・ロジャーズ、新興国株は全部売った

昨日日経CNBCで「ジム・ロジャーズが語る世界経済と金」という番組が放送された。

ジム・ロジャーズが語る世界経済と金

この番組では、シンガポールに住むジム・ロジャーズのもとへ金の専門家であるワールド ゴールド カウンシル日韓地域代表 豊島逸夫氏と日経CNBCの江連裕子キャスターが伺ってインタビューしたものの一部。

今回のインタビューは基本的に金に着目したインタビューであるので金関連の話が多く出てきていた。

江連:実際に金はお持ちなのでしょうか?

ジム・ロジャーズ:金は持っています。長年金を保有していますが、まだ一度も売った事はない。

豊島:もしかして娘さんたちにの誕生日に金貨をプレゼントしているんですか?

ジム:娘達は金貨も銀貨も持ってますよ。

ジム:金を保有する方法はいろいろありますが、私は金貨や金ETN/ETFを保有しています。先物も取引しています。いつか金がバブルになったら売ることになりますが、何十年も保有してきたので、バブルになるまでは売るつもりはありません。

江連:つまり今はバブルではない?

ジム:そう、過去の金の高騰ぶりをみれば2000$は超えると思っています。どれほど上がるかは誰もわかりませんが、この10年で確実に2000$は超えると思っています。それまで私は金を売りません。

豊島:円高はこれからも続くのでしょうか?また日本国債についても意見を聞かせてください。

ジム:私は日本円を保有しています。さらに円高になるまで売るつもりはありません。何かかが起これば別ですが、私は1995年につけた最高値をかなり上回って更新すると思っています。

スポンサーリンク

豊島:米ドル、ユーロ、人民元、円どの通貨が一番いいと思いますか?

ジム:投資について話す時に「安全」という言葉は使いたくないが、中国の人民元が投資という点ではたぶん一番安全と言えるかな。これから先何年も上昇すると確信している。人民元の一番の問題点は気軽に売買できないことかな。でも通貨の中では一番好きな通貨だね。

豊島:去年新興国の市場に向かっていた資金の半分が引き上げられ、先進国市場に戻ってきているようです。このようなグローバルの資金の流れをどう捉えていますか?

ジム:私は株を殆ど保有していない、新興国株も売ってしまった。日本の株は少し買い足したところだ。しかし、私のポートフォリオは殆ど商品と通貨で構成されている。もし世界の景気が良くなれば商品が品薄になり、それで利益を挙げられる。景気が悪ければ株では利益を挙げられないが、商品では利益を挙げられるかもしれない。なぜなら政府が景気対策のために資金を注入するからね。歴史的に見て国がお金を刷る時には実物資産がよくなるんだ。銀やコメ、天然ガスなどね、だから私のポートフォリオは商品と通貨で構成されていて株にはあまり関心がない。日本株はいくらか買うけれど、新興国株は保有していない。なぜなら、新興国は今皆が群がっているからね。

ジムは相変わらず、日本メディアの取材に大しては日本株についてコメントしますね。それも大体買ったということを・・

ジムの話は(少なくとも日本で聴く話は)半分本気で半分リップサービスというかポジション・トークとして自分は聴くようにしています。

さて、2009年には中国株やスリランカ株について触れた事もあったジム・ロジャーズですが、最近はもっぱらコモディティ中心ということが改めてわかるインタビューでした。

ジム・ロジャーズ、米国債はショート。5〜10年以内に日本は非常に深刻な事態に陥る。に続く

-外国株式
-, ,