香港証券取引所 取引時間の前倒しと昼休みを短縮

スポンサーリンク

香港証券取引所は明日(2011年3月7日)から取引時間の前倒しと昼休み時間の短縮が行われます。

取引時間はプレオープニング・セッションが10:30から10:00にという感じにそれぞれ30分前倒しされています。

またこれまで2時間あった昼休みは今回のタイミングで1時間半に、そして1年後の2012年3月からは1時間へと昼休みは1時間短縮されることになります。

昨年、東京証券取引所(東証)の昼休み短縮/廃止議論があったことを記憶している人も多いと思います。

東証の昼休みは1時間半で2011年5月9日から1時間へと30分短縮されることになっています。

日本の一般企業にお勤めの方は昼休みが大体45分〜1時間だと思います。そういう身からするとなんでこれまでこんなに昼休みが長かったの?と疑問に思いますよね。

スポンサーリンク

東証の株主は対面営業をする従来型の証券会社が多数、これらの証券会社では昼休みを短縮することによる人件費増を嫌っているという意見もありますが、素人的には時間が長くなるんだからその分営業収益も増えると考えてしまうものです。

嫌々言ってるうちに他の市場やOTC市場に取引が取られていってしまわないといいですが・・

東証の株主構成(2009年6月時点の情報)

順位企業名割合
1日本アジアホールディングズ3.48%
2SMBCフレンド証券2.61%
3三菱UFJ証券2.39%
4アイザワ証券1.74%
5SBI証券1.74%
6岡地証券1.74%
7極東証券1.74%
8証券ジャパン1.74%
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク