BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

広がりをみせる証券会社による外国人学生の採用

2014/10/06

現在2012年春に大学や大学院を卒業する学生の就職活動が本格的になっている時期ですが、先日ベトナム株(個別株)の取引を日本で初めて開始したニュース証券がベトナム人学生の採用活動について公表した。

同社はこれまでもベトナム人のスタッフを雇用してベトナム企業の分析などを担当してきた実績があります。

ニュース証券以外のベトナム株を取り扱う証券会社などでもベトナム人を採用しているところがありますが、今回のように学生を直接採用するために本格的に活動するのは珍しい。

以下、ニュース証券が顧客向けに出したメールからの引用

 


 

ニュース証券では、ハノイ工科大学で4年間、日本語でITを学び実習してきた学生の日本での就職セミナーのご案内をしております。対象となるベトナムの学生諸君は以下のような経歴の持ち主です。

1.ハノイ工科大学で4年間、日本語でITを学び実習してきたIT学部(情報コミュニケーション技術学院)の本年6月卒業予定者。彼らは日本政府の肝いりで出来た「IT高等教育人材育成プログラム」の第一期生で、卒業後日本での就労が可能です。

スポンサーリンク

2.ハノイ工科大学および他の大学を卒業し、「ハノイ日本アカデミー」で日本語を勉強してきた機械工学、電気工学、電子工学を修めた学生諸君。

日本を取り巻く環境は大きく変わりつつあります。皆さまの身近なところでベトナムの学生の採用にご興味のある方がおられましたら是非お声をかけて頂けませんか。詳細はニュース証券でご案内をしております。

  • タイトル:第2回ベトナムセミナー『ベトナム最優秀学生採用セミナー』
  • 開催日時:2011年3月28日(月)14時~17時
  • 開催会場:東京都中央区蛎殻町1-38-9 宮前ビル
  • セミナー内容:ベトナム人学生の採用に関する手続き等の説明の他、現地と映像通信で結び、IT学部日本語プログラム担当のHung教授および学生諸君との質疑応答がございます

 


 

ここ数年の就職活動は氷河期と称されることが多いが、従来の氷河期とは異なり、採用予定数の絞り込み意外の要因として大手企業が外国人の採用数を大幅に増やし、国内での採用数を減らしているのも要因の1つ。

今回紹介したニュース証券の場合、日本語の教育を受けた学生ということで特殊な面があるが、いずれにしても外国人採用が浸透しつつあることを感じさせられたニュースである。

-ベトナム株
-, , , ,