ベトナムの携帯電話普及状況と近隣アジア新興国の比較

ベトナム携帯電話契約者数が1億5,400万と、前年比39.8%増となったそうです。(出所:ベトナム統計局)

2009年のデータになりますが、ベトナム近隣新興国の携帯電話普及状況はというとカンボジアが559万(37.8%)、ミャンマーが45万(0.9%)、インドネシアが1億5925万(69.3%)、マレーシアが2422万(110.6%)、中国は7億4700万(55.5%)、そして日本が1億1492万(90.4%)となっている。()内は普及率(出所:ITU)

スポンサーリンク

これらからアジア圏での携帯電話契約者数でいうと中国、インドネシアに次いでベトナムは3番目の規模に既になっていることがわかる。

これだけ携帯電話が普及しているベトナムにはベトテルモビフォンビナフォンという携帯電話会社大手がありますが、いずれもまだ株式上場はしていません。(2010年12月末時点)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ