FXを利用した外貨両替サービスが広がってる

以前マネーパートナーズ社を使った外貨への両替サービスについて触れました。

外貨両替手数料9割節約。マネーパートナーズが新たなサービスを開始

最近は他のFX会社でも外貨両替サービスを始めています。

個人的に気になったのはセントラル短資の両替サービス

中東のディルハムなど33種類の通貨に両替可能

なぜかというと同社の両替サービスでは米ドルやユーロといった主要な通貨だけでなく、ブラジルレアルやメキシコのペソ、中国の人民元や中東のデイルハムなど33種類もの通貨を扱っているからです。

これは他社のサービスとは一線を画すサービスです。(マネーパートナーズの場合は米ドルとユーロのみ)

両替できる通貨一覧(セントラル短資のHPより)

スポンサーリンク

米・中南米米ドル、カナダドル、ブラジルレアル、メキシコペソ
ヨーロッパユーロ、イギリスポンド、スイスフラン、スウェーデンクローナ、ノルウェークローネ、デンマーククローネ、チェココルナ、
ハンガリーフォリント、ポーランドズロチ、ロシアルーブル
オセアニアオーストラリアドル、ニュージーランドドル
アジア・太平洋地域韓国ウォン、中国元、香港ドル、台湾ドル、シンガポールドル、タイバーツ、インドネシアルピア、マレーシアリンギット、ベトナムドン、
フィリピンペソ、フィジードル、パシフィックフラン
中東・アフリカサウジアラビアリヤル、UAEディルハム、トルコリラ、エジプトポンド、
南アフリカランド

外貨への両替には事前にFXでの取引が必要

少し残念なところは、利用条件として両替サービスを利用する月の前月にセントラル短資のFX口座で20万通貨以上の取引をしている必要があるというところ。

これだと多くの人(普段FXの取引をしていない人)にとってはタイムリーに両替はできないということになります。

計画的な旅行などの場合にはFX口座で売買をしてサービスの利用条件を満たすことは可能でしょうが、普段投資と無縁の人にとっては少しハードルが高いかと思います。

同社にとってはFXの取引をしてくれる顧客を増やす目的もあって、このような前提条件をつけているのでしょうが、結果的に両替サービスの発展を阻害してしまうことになるのではないでしょうか。

海外へ頻繁に行っていて海外に慣れている人は現地で良いレートのところで両替しますが、あまり海外へ行く機会がない人にとって外貨への両替は手数料が高いところで両替しがち。

FX会社の両替サービスがもっと利用しやすいものになってくれることを期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ