カンボジア・ラオス株のIPOに投資する投資信託・ファンドが6月1日から募集開始

スポンサーリンク

中国株、ベトナム株のファンドを販売・運営するグローバルリンクアドバイザーズ(代表:戸松信博)は来月6月1日からカンボジア・ラオス株IPO投資ファンドの募集を開始する。

募集の上限額は1億円。

最小申し込み単位は30万円。

販売手数料はノーロードファンドのため無料。

ベトナムやラオスでは株式市場開設初期段階では需給の観点からか株価が急騰した。

これらの経験から多くの投資家は株式市場が開設される市場を狙っていて、直近ではそれがカンボジアになる。(ラオスも今年1月に市場が開始されたばかり)

今回誕生予定のファンドは市場開始直後の急騰を狙う投資家のニーズにマッチしそうだ。

スポンサーリンク

また、募集が開始される6月は日本のサラリーマン投資家にとってはボーナスが支給されるタイミング。

ボーナスを投資に回す人も多いこの季節にファンドの募集をすれば資金を確保し易いというファンド運営会社の思惑も感じられる。

募集金額の上限から成功報酬、信託手数料は高めに設定されると予想。

またグローバルリンクアドバイザーズの投資信託・ファンドはクローズドで運営されるファンドのが殆ど、仮に今回のカンボジア・ラオス株IPO投資ファンドもクローズドの場合、株価が急騰しても直ぐに売ることは出来ないと思われるので、その辺りは注意が必要だろう。

ファンドの詳細は6月1日にアナウンスされる予定です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事一覧

スポンサーリンク