BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

投資タイミングを見定めるのに役立つかも 先進国・新興国の月別株価騰落率データから見えてくるもの

2013/08/27

世界の月別株価騰落率-1988-2013_先進国と新興国

興味深いデータが公開されていたのでご紹介。

日興アセットマネジメントさんが1988年から2012年までの24年間を対象に先進国と新興国の株価騰落率が月別するとどうなっているかを調査してまとめてくれています。(上記グラフ)

グラフ出典:日興アセットマネジメント 楽読

スポンサーリンク

グラフを見るとまず今の時期を含む6月から9月にかけては株価がネガティブに動いている年が多いという傾向がつかめます。

 

投資インデックス・ハンドブック

投資インデックス・ハンドブック [書籍]

クリエーター住友信託銀行インデックスクオンツ運用部

出版社金融財政事情研究会

出版日2011-03

商品カテゴリー単行本

ページ数271

ISBN4322117562

Supported by amazon Product Advertising API

 

また新興国の方がここ24年間に関しては先進国株式よりも( ・∀・)イイ!!傾向にあること、6月と9月に関しては先進国株式と新興国株式とで対照的な傾向(先進国は下落するケースが多く、新興国は上昇するケースが多い)になっていることも分かりますね。

 

いずれも外国株の話なので我々日本人投資家からすると為替の影響も考える必要がありますが、それでも投資タイミングを考えたりするうえで参考になると思います。

投資タイミングを気にせず毎月積み立てて(ドルコスト平均を使って)の投資が王道ではありますが、積立投資をしている人でも投資額を増減させたりする投資家も多いと思うので、そういう投資家の方々も参考にしてみるといいかも。

-海外ETF
-, ,