金持ち父さん貧乏父さんで有名なロバート・キヨサキ氏の会社が倒産

NYタイムズやNYポストなど複数の海外メディアによるとベストセラー 金持ち父さん貧乏父さんの著者であるロバートキヨサキ氏が保有する会社のうちの1つについて破産申請をしたそうです。

破産申請のきっかけはロバートキヨサキ氏の投資会社リッチ・グローバルLLCが、プロモーターのビル・ザンカー氏から、これまでの利益2400万ドルの支払いを求めた訴訟を提起され、米連邦地裁がザンカー氏の主張を認め2400万ドルの支払いを命じたため。

ザンカー氏はプロモーターとして、ロバートキヨサキ氏を宣伝し、講演活動、本の執筆などで大きな利益を得るようにしましたが、その収入から一定の割合をザンカー氏への報酬としてキヨサキ氏が提供する約束をやぶったことが訴訟の発端の様子。

スポンサーリンク

ロバートキヨサキ氏の著書は、これまでに日本を含め全世界で2600万部以上の大ベストセラーになっていて日本でも読んだ方は多いのではないかと思います。

また今年5月には日本に9年ぶりに来日して2日間にわたって講演などを行ない、日本の多くの投資家が参加していたばかりなので愛読家にとっては驚きのニュースなのではないでしょうか。

関連記事:9年ぶりとなるロバート・キヨサキ氏の来日セミナーの講師陣が決定

このニュースでキヨサキ氏のイメージはかなり低下しそうですね。

ソース:dailymail.co.uk

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん [書籍]

著者ロバート キヨサキ, シャロン・レクター(公認会計士)

クリエーター白根 美保子

出版社筑摩書房

出版日2000/11/09

商品カテゴリー単行本

ページ数288

ISBN4480863303

特徴本書は…金持ちになるためにはたくさん稼ぐ必要があるという「神話」をくつがえす。持ち家が資産だという「信仰」を揺るがす。資産と負債の違いをはっきりさせる。お金について教えるのに、学校教育があてにできないことを親にわからせる。そして、お金について子供たちに何を教えたらいいかを教えてくれる。

Supported by amazon Product Advertising API

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ