BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

日本株が11月月間で世界No1の上昇?

2016/10/20

株やFXなど投資関連の記事を配信しているMONEYZine(マネージン)が12月15日に「

日経平均はなぜ上昇しているのか
日本株が月間で世界No.1の上昇を見せたワケ

という記事を配信しています。

スポンサーリンク

この記事の冒頭では、

「11月の日経平均株価は、月間で700円以上も上昇。上昇率は約8%に達した。11月に限っていえば、日本株が世界ナンバーワンのパフォーマンスになったのである。」

と書かれていますが、実際には日本株は11月に限っても世界No1ではありません。

確かに先進国の中では1番のパフォーマンスではありましたが、世界各国の株式市場と比較すると上位には位置するものの少なくともNo1ではありませんでした。

自分が確認した限りでは

世界9位のウラン生産国でもある資源国ウクライナの代表的な株価指数であるPFTSインデックスが11月だけで14%以上の上昇を記録していて、12月に入っても上昇を続けています。

ウクライナ株価指数20101219

チャート:Boomberg

世界には100以上の株式市場が存在するので、国別のパフォーマンスを比較する場合、ちゃんとデータを確認した方がいいですね。

この記事は紙と違って修正が効くわけなので、是非直してもらいたいところです。

スポンサーリンク

そして、自分もデータを出すときは出所をきちんと明示すべきだと改めて感じました。

-ロシア株
-, , ,