中国株にタイ株、海外ETFも日本版ISA(NISA)の対象ですよと楽天証券発表

スポンサーリンク

本日(2013.5.10)発表された楽天証券の決算発表にて最近愛称がNISA(ニーサ)と決まった日本版ISAこと少額投資非課税制度において外国の個別株(中国株やタイ株、インドネシア株など)や海外ETFも対象になることがハッキリとしました。

各証券会社は日本版ISAで上場株は対象になるとしているので当然各証券会社が取次を行なっている外国の上場株も対象になると思っていましたが、内心ちょっと不安があったので今回の発表を聞いてスッキリしました。

Financial Adviser 2013年 4月号

Financial Adviser 2013年 4月号 [書籍]

著者熊野 英生, 岩本 沙弓, 是枝 俊吾, 岡本 英夫, 目黒 政明, 井上 義教, 石井 秀樹, 田中 卓也, 佐藤 益弘, 小澤 和彦, 西内 孝文, 小川 実, 五島 聡, 平野 厚雄, 加藤 勝久, 小城 麻友子, 置鮎 謙治

出版社近代セールス社

出版日2013/03/21

商品カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数100

ISBN476501441X

Supported by amazon Product Advertising API

日本版ISAに関する記事

スポンサーリンク

楽天証券-日本版ISA(NISA)で外国株や海外ETFも対象

出典:平成25年3月期決算発表資料より

さて外国株が日本版ISAの対象になるのはいいのですが、如何せん手数料、特に為替手数料が高いのがネックで個人的には日本版ISA口座で外国株を購入するかというと今のところ可能性は低いです。各ネット証券が力を入れているFX(特に楽天とマネックスは力を入れてますね)並の為替手数料に近づくことを本当に願っていますのでネット証券の皆さん宜しくお願い致します。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク