NISA口座の含み益を見て相場の良さと円安効果を実感

久々に自分がメインで使っている楽天証券のポートフォリオ画面でNISA口座の状態をチェック。

楽天証券NISA口座個別銘柄も投資信託も軒並み損益が+表示になっていて良い気分ではありますが、

ここまでプラス表示だと如何に株や不動産相場が良いのかと円安効果を実感します。

因みに保有している個別銘柄+投資信託で1番利益率が高いのはビックカメラ。

ビックカメラは株価上昇を期待していたわけではなく株主優待+配当目当てで投資したんですが、櫛来もそんなビックカメラが1番利益率が高くなってしまっています。

スポンサーリンク

ビックカメラドットコムでの株主優待券利用が非常に面倒な件

次いでタイ株ETFとトルコ株投資信託といった新興国の国別に投資するファンドが成績がいいわけですが、

トルコ株の投資信託は以下の記事で書いたのですが信託期間が迫っているのに気づかず購入してしまったということが災い転じて福となす状態。。

NISA口座でトルコ株の投資信託を買ってはいけない理由

投資信託はいずれも毎月積立投資していますが、このトルコ投信は積立していません。

NISAの難しところは、5年間税金がかからないという非課税の恩恵を最大限受けたいけど、損をしてしまったら通常の特定口座と違って損益通算も損失の繰越も出来ず不利なため見極めが難しいところ。

非課税枠の2倍とかよりも早く非課税期間の無期限化を実現して欲しいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ