BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

honto-配達封筒

ネットで本を買うならポイント還元率5%以上可能なhontoがアマゾンや楽天よりお得

2015/11/15

今までネットで本を買う時はアマゾン(Amazon)さんか楽天ブックスさんを利用していたのですが、

ポイント還元率が5%以上で、アマゾンさんのように全品送料無料のhontoというオンライン書店が見つかったのでそちらを利用して投資・経済関係の本を数冊買ってみました。

hontoはアマゾンさん同様電子書籍も扱っていて、品揃えも豊富なのですがアマゾンさんや楽天ブックスさんにはまだ劣るように思えます。

なので買いたい本は基本hontoで探して無ければこれまで通りアマゾンか楽天ブックスで買ってます。

因みにhontoのポイントはジュンク堂、文教堂、丸善といった大手書店でも貯めて・使うことができるようになったので利便性もイイですし、ネット書店ではキャンペーンが豊富で実質安く本や電子書籍を購入できる機会が多いです。

アマゾン、楽天とメジャーな2つのサービスとhontaをポイント還元率で比べるとこんな↓感じ。

書店名ポイントサイトポイント特徴
Amazon
×
一部の対象商品だけ

ほとんどポイントがつかない。

一般的なポイントサイト経由でのポイントの2重取りができない。唯一こちらの方法で可能

※クレジットカード会社などのモールを経由すると0.5%程度のポイントを2重で取れる。

楽天ブックス

~1.5%

1%
楽天ポイントが貯まる。
honto
~4%
1%
ポイントサイト経由でのポイント還元率が1%~4%と高い。ポイント10倍などのキャンペーンを利用すると更にお得。

 

ポイントサイトというのは、こちらで紹介されているようにそのサイト経由で楽天やビックカメラで買い物をするとオリジナルのポイント以外にポイントサイト独自のポイントを付与するサイトのこと。

このポイントサイト独自のポイントは電子マネーや現金に換金することが可能になっています。

ポイントサイトは、自分のところのサイト経由で楽天などで買い物をしてくれるとアフィリエイトと同じように買い物先から報酬がもらえるので、その一部を利用者に還元しています。

ポイントサイト自体は20以上存在しているのですが、有名なところとしてはハピタス、えんためねっとといったところがあります。

このようなポイントサイトではなぜかアマゾンを扱っておらず、楽天ブックスとhontoは扱っていて中でもhontoは還元率が高くhontoのポイントと合わせて5%もの還元率になります!

 

-節約術まとめ
-, , , , , ,